スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

我が家のワイン事情

我が家は大のワイン好きなので、(アルコール全般好きという話もある・・・)
頻繁にワインの大量買い出しに行っている。

07_05_08_1.jpg

そして、そんなときはプルーニャさんをお供に従えて行くこともあったりする。
散歩もできるし、ワインもゲットできるし、一石二鳥ってことね。

       07_05_08_2.jpg
「どのワインにしようかしらん。」

ってなことは考えているわけもないけど、
酒呑み一家に育ったプルーニャは、やっぱり(?)結構イケル口です。

07_05_08_3.jpg

このワイン屋、安いワインもいっぱいあるし、しかもそれなりに飲めるワインもいっぱいあるし、
とってもお世話になっている我が家です。
いつも大量に買うので、箱に詰めてもらって持ち帰ってます。うふっ。

       07_05_08_4.jpg

なんせ、泡のワインも10ドルしないのよぅ。
もちろんシャンパーニュ地方の泡のワインではございませんがね。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・
スポンサーサイト

アジサイとバーガー

07_01_08_1.jpg

いつもは歩いて5分くらいの距離にある公園に行きがちなんだけど、
歩いて20分くらいの距離にあるこの公園には、
ドッグランもあるし、私の大好きなハンバーガー屋もあるので、
たまにはこっちに散歩に行ってみたりもしています。

そして、日本と同じで、こちらも今はアジサイが咲く季節。

07_01_08_2.jpg

フラノエままさん家のステキな庭に咲き乱れるアジサイのような白いアジサイが
ここにも咲いてました。
2、3週間ほど前に撮った写真だから、またつぼみもあったりするけど、
今頃は満開、ひょっとしたら少し枯れ始めてたりもするのかしら・・・

ニューヨーク地方には梅雨がないので、雨にしっとり濡れるアジサイ、とはいかないけど、
代わりに、豪雨に打たれまくるアジサイ、ってのはありでしょう。
最近夕立ちしまくりだから。

07_01_08_3.jpg

同じく白いアジサイなんだけど、なんだかへなちょこりんを発見。
このアジサイ、私的にはとっても変わってる。
丸じゃなくて細長いアジサイなんて、はじめて見たっ! ちょっと変わってるよねぇ。
って思うんだけど、このタイプ、実はいろんなとこに咲いてることが発覚。
どうやらこの辺では一般的らしい。日本にもあるのかしらん。
でも、葉っぱの形が違うから、実はアジサイじゃないのかしらん。

で。

07_01_08_4.jpg

この公園にきたら、このハンバーガー屋に寄らずにはいられないでしょう。
といいつつ、いつも大変な行列なので、あきらめる日も多いんだけど、
この日は比較的列が短かったので、がんばって並ぶことにした。(ダンナが。)

私とプルーニャは席取り隊でございます。

       07_01_08_5.jpg
「あの子、あんなとこで何してやがるのかしら。」

プルーニャは相変わらず他のワンコが気になって仕方がないらしく、
ワンコが通り過ぎるたびに、自分の存在をアピールすべく、ギャーギャー騒いでおられました。
うーーーん・・・ 困った娘だ。

       07_01_08_6.jpg
「あそこにうろちょろしてるハトも気になるのよねぇ。狩っちゃおうかしら。」

ギャーギャーとうるさいプルーニャをなだめつつ、待つこと20分くらい。
やっとありつけたハンバーガーは、やっぱりうまい!

       07_01_08_7.jpg

私はここのハンバーガーが今のところ一番好きです。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

相応

コーチのお店のショーウィンドウにステキなわんこがいた。

12_18_07_1.jpg

このコート、かわいいねぇ。赤いカラーとリーシュもいいねぇ。
でも、お値段見たら、コート 168ドル、なり。
裸族なプルーニャには、とてもとてももったいのうござんす。でも、ちょっとほしい・・・

目下物色中のキャリアも、コーチロゴ満載のかわいいのがあったけど、
なんと、500ドル近いお値段なり。
そんなゴージャスな品、買えるわけねぇよぉぉぉ!!
それに、我が家のデカ女が入ったら、ぱつんぱつんだしよぉぉぉ!!

適度に大きくて、適度にかわいくて、適度にお手ごろ価格なキャリア、
どこかに転がってないかなぁ。

12_18_07_2.jpg

プルーニャさん、本日はヒモのおもちゃと添い寝ざんす。

このヒモ、実は99セント。お安いわりにはとっても丈夫。
そして、プルーニャの大のお気に入り。
愛があればお値段なんて。

と、言い聞かせてみる今日この頃。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

高貴

12_04_07_1.jpg

このわんこら、めちゃゴージャス。

と思ったら、
Juicy Couture のわんこ向けブランド、Juicy Crittoure のわんこ用香水の広告だった。
ヅラなんかつけておしゃれしちゃってぇ。なんだかセレブ感がにじみまくってるわ。
プルーニャもこんなセレブ(風)にしてみたい・・・ でも、似合わなそう・・・

12_04_07_1.2pg世の中、クリスマス商戦真っ只中。
雑誌の中はいろんなブランドの広告だらけ。
ブランドの品なんてもらえもしないのに、
ウハウハしながら眺めてたら、
わんこ用香水に一番目がいっちゃうなんて・・・
私ってば、親の鏡だわぁ。

この香水、どんな香りなんだろう。
試してみてぇぇぇ。

プルーニャさん、ほしいなら、
サンタさんにお願いしちゃって!

Juicy Crittoure のグッズはかなりキュートなものが勢ぞろい。
洋服、カラー&リーシュ、おもちゃ、ベッド、食器・・・ などなど、定番グッズに並んで、
おしゃれ用品もいくつかあって、シャンプー&コンディショナーはもちろん、
肉球用クリーム Pawtection なんてものあったり、香水やネイルポリッシュなんかもあったり。

そして、この時期、あったかコートとか、ほしくなるよねぇ。
ピンクのかわいいのがそろってて、プルーニャにとっても似合いそう、

12_04_07_3.jpg

もない・・・

乙女なのに乙女なものはからきし似合わないプルーニャちゃん。

でも、一応サイズなんかチェックしちゃったりしてみた。
そしたら・・・

ラージサイズ 8.5-12ポンド用。以上。


・ ・ ・ ・ ・ 


赤コーナー、プルーニャ~。16.8パウンド~。

とうてい着こなせるシロモノではなかった・・・

12_04_07_4.jpg

一時は大台に乗り上げつつも、順調に16.8パウンド(=7.6kg)界隈をキープし続けて、
早2年。りっぱに育った丸ケツは、この通り。かなり魅力的よ。


▼・ェ・▼   ▼・ェ・▼   ▼・ェ・▼   ▼・ェ・▼   ▼・ェ・▼   ▼・ェ・▼   ▼・ェ・▼   ▼・ェ・▼


こんな香水、ほしかったの~、なんて方、いらっしゃいましたら、お知らせください。
今から2ヶ月ほどのちでよければ、日本からお送りしますよ~。
もちろん御代はふんだくりますが。

えっ、こんなのいらねぇ。さいですか。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

初お泊り(前編)

ちょっくら旅にでておりました。
それはそれはすばらしい旅でした。

その間、プルーニャは初のお泊りなり。
チキンなプルーニャはかなりがんばったようでした。

さてさて、さかのぼること、今から約2週間ほど前。
プルーニャのお宿探しを開始。
小心プルーニャが少しでも安らげる場所を、と思い、
なんとかよさそうなとこを見つけて、そこにご滞在いただくことにした。
そしたら、旅の2日前、急遽ご滞在いただけないことになりました、との一報が届く。
おいおい、今さらそんなこといわれても! といってみても、どうにもならないので、
急いで他のお宿をあたることに。

いくつかピックアップした候補の中から、よさそうなとこに目星をつけ、
とりあえずそのお宿がどんなとこなのかこの目で確かめねば、と思い、
プルーニャを引き連れていそいそと出向く。

Paws Inn Chelsea①人通りの少ないひっそりとした通りにあるそのお宿。
いざ、到着してみると・・・
あれっ、ここだよねぇ。確かに看板はある。ここに間違いない。
でも、カーテン閉まってるし、ここ、やってんのかしら?
っていうような、かなりうさんくさい外観。
引き返してしまおうかしらと思わせる外っ面だけど、
プルーニャもいるし、時間もないし、いっちょ入ってみるかねぇ。

とりあえずブザーをビーと鳴らしてみると、カチッと鍵が開く。恐る恐る入ってみる。
なんだかうさんくさ~い廊下の先にまた扉が。またまたカチッと鍵が開く。
扉を開けてみると、中で待っていたのは、ボウズ頭のおばちゃま、
ちょいとオシャレげなおばちゃま、そして、ひょろりと細めのお兄ちゃん、の計3名。

「あの~、お預かりサービスについてお聞きしたいんですけど~」
と、プルーニャを盾に、恐る恐る聞いてみる。
すると、お兄ちゃんがいろいろ教えてくれた。
お預かり中に滞在するお部屋も見せてくれた。

そのワンコの大きさや性格によってお部屋を分けられて、
滞在中はそのお部屋のお仲間と過ごすことになるらしい。
ごはんはいつも食べているブランドのものをあげてくれるらしい。
毎日ドッグランに連れて行ってくれるらしい。

ワンコが滞在するお部屋はちょっぴり狭いけど(3畳ちょいくらい?)、
お世話してくれる人たちはいい人たちだし、お部屋はきれいだし、匂いもないし、
ウチから近いし、他のとこに比べてお値段リーズナブルだし、
プルーニャよ、ちょっとの間、ここでがんばってみるかねぇ。
といっても、当のプルーニャはそんなことはつゆ知らず、
お迎えが来てお家に帰るウェスティちゃんとワンワンやりあっておりました。

入った瞬間はなんだかとってもうさんくさい雰囲気たっぷりだったその部屋が、
いろいろ教えてもらって、見せてもらって、プルーニャをかわいがってもらって、
帰るときにはなんだか明るくなってたのは、人間、なんでも気の持ちようですねぇ。

Paws Inn Chelsea②
New York Magazine の記事よりお写真拝借。
なんでも Best of New York 2007 で Best Pet Boarding に選ばれたらしい。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

オサレ系ぶちっく

ちょいと野暮用があって近所のペットショップにいったとき、
隅っこに置物のようにたたずんでいた猫ちん。

眠り猫①

ちょっぴりオシャレ系、高級系のお店だったのに、
猫ちんに気を取られて、またまた全貌ご紹介できず・・・

ステキな首輪&お散歩紐やら、かっちょよいめのおべべやら、
高級感あふれるお食事食器やら、姫が寝そうなベッドやら、
私が使ってる旅行カバンよりよさげなキャリーバッグやら、
よさそうだけどちょいとお高いグッズがいっぱいあったのに。

また機会がありましたら、そのときに。

最近、プルーニャ、出番少なし・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

看板犬、Chibi(チビ)

ある日、道端にフレンチブルが転がっていた。

あごを地面にくっつけて、ベタ~っと寝ていたので、
そのシーンをとろうと思ってカメラを構えたら、突然むっくり起きた。
飼い主さんがやってきたのに気づいたらしい。

ノリータのチビ①

その飼い主さん、フレンチブルが寝転んでいた後ろにあったカフェと
そのお隣にあるバーのオーナーさんだって。
そして、そのフレンチブル、お店の看板犬だって。
よくよく上をみると、お店の看板にでかでかとお写真が!
お名前を「チビ」というそうだ。

       ノリータのチビ②

こちら、チビの名前がついたバーのウェブサイトからパクった写真。
チビ、かなり悪そうです。

飼い主のおばちゃんはとっても粋な方。ちょこっと日本語を話す。
おばちゃん、お別れのとき、「あばよ!」って言っていた。
そして、しっかりチビの名刺もくれた。お店のカードも添えて。

日本酒がいっぱい置いてあるバー。
機会があったら、ぜひチビに会いにお立ち寄りください。
スペシャルカクテル「チビティーニ」が飲めますよ。(どんなカクテルだ?)

Chibi's Bar
http://www.chibisbar.com/

Kitchen Club
http://www.thekitchenclub.com/home.html
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・
自己紹介

amico

Author: amico
Cast: すもも
 犬種 ミニチュア・シュナウザー
     (Salt & Pepper)
 性別 女の子♀
 年齢 8歳(2004年10月生まれ)


現在の閲覧者数:

管理画面

最近の記事 & コメント
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
+ 過去ログはこちらから
 
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。