スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

散歩、のち黒ヒゲ

だいぶ暖かくなってきた今日この頃。
近所の公園にあるメリーゴーラウンドが動いていた。

ブライアントパークのメリーゴーラウンド

寒い冬の時期はカバーがかかっていたが、
最近たいぶ暖かくなってきたので動き始めたようだ。
花屋もオープンしていたし、そろそろ本格的に春だねぇ。

プルーニャはウチでは相変わらずうじうじしているけど、
散歩に出れば、元気にワシワシ歩いている。

ここの公園は、葉っぱやら土やらがあって、都会のオアシス的存在。
プルーニャのお気に入りの散歩コースの一つだ。

植えてある植物に顔をつっこんで匂いを嗅ぎまくる。
ついでにコーヒーやらジュースやらがこぼれた跡であろう場所も平気でフゴフゴしようとする。
油断もスキもありゃしない。

ウチにつく頃には、土とかホコリとかいろいろヒゲについている。

ヒゲが汚れたプルーニャ

でも、今日は結構キレイね。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・
スポンサーサイト

ちょっぴりブルー

ただ今、プルーニャ、ヒート中。
最近いたずら盛りなのもそのせい?(いつものこと?)
うろうろフゴフゴしてるし・・・(これもいつものことか?!)
やっぱり落ち着かないのかしら?

今日は食欲もあんまりない様子。
「ごはん」っていうといつもはよろこんでやってくるのに、
今朝は巣(=お気に入りのベンチの下)にもぐったまま、
「え~、ごはん~」って顔してチラ見しただけで、しら~っとしてるし。
しばらくしたらのそのそやってきて、
やっと食べ始めたかと思ったら、半分ほど食べただけで、あとはそのまんま。

食されたデイジー

デイジーなんか食べちゃったりして、胃でももたれているのかしら?
菊ってなんとなくおなかによさそう。でも犬が食べてもいいものなのか?!

と思ったら、ごろごろしてるし。(これもいつものことか・・・)

でも、散歩となると話は別らしい。
ごろごろも飽きたらしく、さっそく、散歩に行くよ!の催促の腿タッチが始まった。

では行きましょうかねぇ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

あえなくご臨終

ここ2、3日とても暖かい日が続いている。
気温も25℃近くになり、半そででもよいほどのいい天気。
近所の公園の花も咲き出したし、春だね~。

ブライアントパークのすいせん

ってことで、
またまたやってくれたぜ、プルーニャめ!

破壊されたリモコン

ご愛用しているiPOD用スピーカーのリモコン。

気がついたときには、ときすでに遅し。
電源ボタンをピンポイント攻撃したうえ、
電波が発射される箇所に致命傷を与え、
あえなくリモコンご臨終。

毎日毎日、よくやってくれるぜ。

音質の調整、リモコンでしかできないので、これからどうしましょう・・・
本体側にも同じ機能のボタンはつけておいて欲しいものです。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

これだけはやめられない!

どこからかカタカタ音がする。
そういえばプルーニャが見あたらない。
きっと隣の部屋でゴミ箱でもあさっているんだろう。

呼んでみた。

すると、お風呂場のドアの隙間から物陰が!

トイレから出てくるプルーニャ①

お前ちゃん、そちらでしたか・・・

しばらくこの姿勢で待機。
なぜか鼻息は荒い。
フゴー、フゴー、フンゴゴーーー!!

・・・なんじゃ、それは。

トイレから出てくるプルーニャ②

しばらくしたら、にょきっと出てきた。
そして、すました顔してそのままイスの下にお隠れあそばした。

おそらく散々荒らしまくったのでしょう。
ひょっとして悪いことしちゃったのかしら? という意識は少しは持ち合わせているらしい。

お風呂場を覗いたら・・・

・ ・ ・ ・ ・ 

散々だった。
早いとこフタ付きゴミ箱に変えよう・・・ と思いつつ、早3ヶ月・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

バーモント州への旅

週末、バーモント州にバーモントカレーを食べに行ってきた。
本場のバーモンドカレーにはりんごとはちみつがたっぷり入っていて、
たいへんおいしゅうございましたとさ。

って、バーモントにカレー屋なんかないじゃないかっ!!!

実はバーモント州はメープルシロップの産地。
3月末から4月初めがメープルの樹液がたくさんとれる時期らしい。
この時期にあわせてメープル祭りが開催され、メープルシロップ作りも見学できる。
それが今回の旅の目的。

ここは長野か、はたまた北海道か、というとてものどかでステキなところでした。

メープルシロップ作りの旅①

かえでの木に管をさし、樹液をバケツにためる。
そこかしこでバケツに樹液がポタンポタンと落ちる音がしている。
そして、バケツにたまった樹液をひとつひとつ回収する。馬車も登場。
機械ではなく手作業なのか粋だ。

メープルシロップ作りの旅②  メープルシロップ作りの旅③

集めた樹液は小屋(シュガーハウス)で水分を飛ばし、糖分をぐっと高め、
メープルシロップに成長するのだ。

メープルシロップ作りの旅④  メープルシロップ作りの旅⑤

こちらのシュガーハウスのメープルシロップは色が薄めの「ファンシーグレード」。
色が薄くて綺麗なほどグレードが高いらしい。(ファンシーが一番グレードが高いとされる。)
その分メープルフレーバーは弱いので、お味はあっさりめ。
結局のところ、良し悪しは人それぞれのお好みってことだ。

メープルシロップ作りの旅⑥

今回はプルーニャはダンナとお留守番。
お土産を持って、無事家に着いたときには、
プルーニャの感激おかえりのお出迎えにあいました。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

新たな市民の誕生

ついつい めんどくさくて 忘れていて、いま頃になってしまったが、
2月の半ばに申請書を提出したニューヨーク市の犬の登録、
1ヶ月ほどで証明書とタグが届いた。日本と同じで期限は1年のようだ。

犬登録証

これでプルーニャも立派にニューヨーク市民の一員に加わった。

さっそくつけてみた。
遠くから見るとなんだかペンダントみたい。
色がかわいくてよかった。だって、女の子だもん。

      犬登録タグをつけるプルーニャ

プルーニャはチェーンのチョーカーをつけているので、
タグとチェーンがあたってチャリチャリ音がするようになった。

今まではどこにいるかすぐにわかるよう、猫ちゃんの鈴をつけていたけど、
タグが加わってさらににぎやかになった(=うるさくなった)ので、
鈴ははずすことにした。

これから暖かくなるし、犬の登録は完了したし、
堂々とドッグランにいくぞ!

市の公園のドッグランを利用するには犬の登録をしろ、と書いてあったので、
善良な市民としてはルールに則ってみました。

ところで・・・
ビビりんのプルーニャ、他のワンちゃんたちと戯れられるかしら・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

プチカットの行く末

プルーニャのお顔周りがだいぶもしゃもしゃになってきたので、
さっそく散髪してみることにした。

もともと目やにはよく出るのだか、
最近は目に毛が入るらしく、たくさん出るようになった。
なので、目の周りを中心にカットしてみることにした。

散髪前:

カット前のプルーニャ


散髪後:

カット後のプルーニャ

やばい、しくじった! 眉毛を短くしすぎた。
それに、目の周りだけがすっきりして、おでこがもしゃもしゃなところが若干アンバランスだ。
散髪前のほうが明らかにかわいいぞ・・・

でも、2週間もすれば落ち着くことでしょう。
まぁ、良しとしよう。

あとでよくよく見たら、左右で眉毛の長さが違ってた・・・
左眉のほうが若干長め?!
まぁ、これも良しとしよう。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

本音はたなぼた狙い?!

週末にスーパーで食料を大量買いする我が家。
よく行くこのスーパーは安くて新鮮で種類がたくさんあって、かなりお気に入りである。

スーパーマーケット

私が晩ごはんを作っていると、プルーニャは必ずチェックにやってくる。

とりあえず、影からじとーーーーーっと覗く。
「なに作ってるんすか~?」ってな感じだろう。

キッチンを覗くプルーニャ

そのうちおもむろにキッチンに入ってきて、そこいら中をチェックしまくる。
床やらゴミ箱やら、とりあえず気になるものはなんでもかいでみる。

そして、私の足元に鎮座し、上からなにか落ちてこようものなら、すかさずパクリ。
プルーニャよ、なんと賢い・・・ いやいや、なんと意地汚いお姿・・・

拾い食いも終盤を迎えると、今度は私の足元に横たわってくつろぐ。

キッチンに横たわるプルーニャ

はぁ・・・・・
お前ちゃん、毎日毎日いったいそこで何しとるんですか?!
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

お味の違い、ちゃんとわかるのよ

週末、ペットフードのリコールが報じられた。
なんでもカナダの大手ペットフードメーカーのフードを食べたペットが
相次いで腎不全を起こしているとか。亡くなったペットもいるというし・・・

我が家のフードは大丈夫かしらと思い、リーコール対象製品を調べてみると、
ドッグフードに関してはなんと51銘柄もあるではないか! (リコール対象製品リスト) 
その上、プルーニャが毎日おいしくいただいているユーカヌバも対象じゃないか~!!!
どうしてくれるんだ~!!!!!

あせってユーカヌバのホームページを見てみたら、対象はウェットフードと書いてあった。
プルーニャはドライフード専門なので、どうやら危機は免れたらしい。

それにしても、食べ物のリコールはやめてくれ~!

これ、プルーニャのごはん。

プルーニャのご飯①

プレーンのドライフード。最近こちらの人気が衰退気味。
ちょっと美味しめのライバルが登場したからだ。
グルメなプルーニャはライバルのほうがお好みらしい。

そのライバルというのがこちら。

プルーニャのご飯②

私たちの あまりもの野菜 おすそ分け野菜をレンジでチンしてトッピングした
ドライフード・ザ・グルメバージョン。
バライエティーはかなり多い。
キャベツの芯、白菜の茎、ブロッコリーの芯・・・ うーん、あとはなんだ?
とにかく! 栄養たっぷりの場所に違いない、はず・・・

プレーンバージョンは1時間くらいかけて休み休みちびちび食べるのに対し、
グルメバージョンはものの2分ほどで食いきる。常に完食!

さらに、明らかに違うのがプルーニャのヤル気。
お食事前の恒例の行事に対するプルーニャの気合の入れ方が明らかに違う。

私の手の匂いをかいで、今日のごはんがプレーンなのかグルメなのかを見極め・・・
(どうやらグルメバージョンのときは野菜の香りがたちこめているらしい。)

プレーンのときは、オスワリからフセへ移行するときに、
あごをかいたり、お尻の匂いをかいだり、という特別オプションが入って、
だらだらしながら行事を終える。

それが! グルメのときは軍隊並みの命令遂行力を発揮する。
ひとつひとつのコマンドをビシッ、バシッと決め、ごはんへまっしぐらだ。

でも、オテは相変わらず苦手・・・

ご飯をガツガツ食べるプルーニャ

プルーニャがガツガツ食べるので、ピンボケボケ・・・ おいっ、動くなって!
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

そこの君、かわいいねぇ

3月20日でイラク戦争は開戦4周年になるようねぇ。

昨日のこと。
出かけようと思い、外に出ると、アパートの前の通りに人だかりが。
イラク戦争反対のデモだった。

反戦デモ

週末はアメリカ各地で米軍撤退を求める反戦デモが行われたようだ。

そんな最中、私はのん気にプルーニャの記念撮影。
近所の図書館の前にて。

図書館前のプルーニャ

お前ちゃん、このお顔、マジかわいい!!
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

こっそり覗いてます

最近暖かい日が続き、おとといなどは15℃以上もあったのに、
今日はなんと!

雪だった。
朝から晩まで降る、 降る、 降る・・・ みぞれまじりの雪がず~っと降っていた。

というわけで、今日の散歩は中止。プルーニャ、残念だったねぇ。

カップケーキ

雪の中、デザートに買ってきたカップケーキ。
おいしくいただいていたら、何やら感じる視線あり・・・

こっそり覗くプルーニャ

隣の部屋から、
じとーーーーー、っと見てます。
思いっきり見てます。

そのうちそばにやってきて、ちょこんとオスワリ。
さらには、私の座っているイスに前足をかけて、じとーーー、っと見つめます。

そんなに見つめても、お前ちゃんにはあげられねぇ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

肉球丸見えよ

いっつも寝ているプルーニャはよく変な格好で寝ている。

これ。
どう考えても、ひじ曲げる必要ないでしょう。

ひじを曲げるプルーニャ

写真だとわかりずらいかもしれないが、犬構造学上、かなりムリな姿勢である。
肉球さわってもいいよ、ってこと?(普段あんまりさらわせてくれないし・・・)

肉球の間の毛、だいぶ伸びてきたねぇ。そろそろカットしなきゃねぇ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

頭寒足熱

飼い主の近くにいるのが大好きなプルーニャ。気がつくといつもそばにいる。
私がPCに向かっているときもそばにいたがるので、
プルーニャのためにデスク横に専用ベッドまで用意してさしあげてしまった。
実にVIP待遇だ。別の名を過保護とも言うようだ。
このベッドを探すのも一苦労だったのだか、それはまた別のお話。

デスク横の専用おあつらえベッドでは、いつもこんなふうに寝ている。

横たわるプルーニャ①

ここでふと素朴な疑問が・・・
なぜに横に寝ないのか?!
横に寝れば全身ベッドの上で心地よいだろうに!

ところが、ここにプルーニャの信念が見え隠れする。

第一条 いかなるときもお尻は壁側にし死守すべし。
第二条 なにがなんでも縦になって寝るべし。
第三条 頭は床に直置きすべし。

横たわるプルーニャ②

あっ、起きた。

いつも頭がやわらかい下地からはみ出しているのだが、一説には、
常に頭を冷やしておくことにより、脳みその回転が鈍らないようにしている、
という説がある。(飼い主の勝手なる推論)
むりやり縦に寝るから頭がはみ出る、という説がないわけでもない。

そして・・・
第四条 手はまっすぐ伸ばし、いかなる抵抗にも耐えるべし。

横たわるプルーニャ③

いくら押しても突っ張り続ける、伸ばしたその手は決して曲げない。
強い信念を持ったプルーニャだ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

脱めかぶ臭

最近ちょっと薄汚れてきた? それにぺたぺたしてきた? おひげもちょっとかおってきた?
ダンナには「めかぶくさい」と言われてるし。
そりゃあいくらなんでもひどかろう、と思ってかいでみたら、ほんとにめかぶだった。

ということで、今日は何週間かぶりのプルーニャのお風呂の日とした。

まず手始めに「お風呂、お風呂」と連呼してみる。
なにか楽しいことだと勘違いしているようす。
しっぽなんぞふりふりして、わん、わんっ、とほえたりして、ちょっと興奮ぎみである。

そこで、おもむろにお風呂場に連行。さっそくバスタブに入っていただく。

お風呂に入るプルーニャ①

意外とぴったり収まるもんだ。

プルーニャは基本的に水が嫌い。
でも、暖かいシャワーは結構好きらしい。いつもおとなしく浴びている。
ただし顔は絶対にNG。ちょっとでも顔にお湯がかかろうもんなら大暴れだ。
なので、顔はスポンジでやさし~くぬらしてあげるのだ。

お風呂に入るプルーニャ②

ひと通りしめったら、お次はシャンプー。ごしごし2度洗いする。
すると、土の色を薄くしたような、茶色がかったきたな汁が流れる・・・
うぎゃぎゃ!!
お前ちゃん、こんなに汚い体で毎日私ののベッドに平気でもぐりこんでいたとは!?

お風呂に入るプルーニャ③

ノミ取り効果を存分に発揮してもらうために、しばらく放置。
顔がとてもシャープにコンパクトになって、まるで別人だ。よっ、男前!
ガタガタ震えてきたので、ここで終了~。
いよいよ終盤、すすぎに入るぞー。

お風呂に入るプルーニャ④

それにしても、ほんとは顔も小さきゃ足も細いのよね~。

ということで、ヒゲも足も見違えるように白くなったのさ。
めかぶ臭もしばらくはしないことでしょう。

お風呂に入るプルーニャ⑤

こうしてみると顔がでかいような・・・ 気のせい?!
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

ねぐせの直し方、教えます

晩ご飯のあとはごろごろするのが日課の我が家。
もちろんプルーニャも一緒にごろごろしている。

そろそろ寝る時間。
プルーニャを起こしてみると・・・

むっくり起きたプルーニャはこんなことになっていた。

ねぐせのプルーニャ①

あ、あの~・・・ 眉毛とヒゲ、すごいんですけど・・・
それにかなり寝ぼけ気味。ぼーーーっとしている。

お前ちゃんは犬だろう。そんなことでいいのか!?
寝こみを敵に襲われたとき、ぼーっちしてちゃ、とっさの判断ができないじゃないか。

ちょっとしたら目がぱっちり開いた。
目が覚めたようだ。

ねぐせのプルーニャ②

でっかい口をあけてあくびをひとつ。

ねぐせのプルーニャ③

すると、な、な、なんと!!

ねぐせのプルーニャ④

ねぐせがきれいに直っていた。
ブラボー!
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

おひけぇなすって

3月11日、日曜日。標準時間から夏時間に変わる日。
夜中の2時に時計を1時間進める。つまり1:59のつぎは2:00ではなく3:00。
そして、11月4日まで夏時間が続く。
この夏時間のことを英語ではサマータイムではなく Daylight Saving Time と言います。

夏時間の前置きとはまったく関係ないけど、
今日、マンハッタンから東に向かって車で1時間ほど、
ロングアイランドのロズリンという小さな街にあるベーカリーでランチを食べた。
パニーニ、サンドイッチ、フレンチトーストなどのパン類のほかに、
サーモン、チキン、キッシュ、パイ、いろいろなサラダなどのお惣菜類がたくさんあり、とてもおいしい。
でも、タルトやパイ、ブラウニー、バターケーキなどのデザート類はさらにおいしそう。

ケーキ①  ケーキ②

そして、プルーニャはといえば・・・

      お引けえなすって
「おひけぇなすって」

お前ちゃん、なんですか、それは。
ちゃんとおしとやかにお座りあそばしなさい!!
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

コマンドコード発動

我が家には発してはならない禁句がいくつかある。
その代表格は「さんぽ」と「いく」のふたつ。
このコマンドを発動した瞬間、すぐさま興奮の絶頂に達してしまう者を気遣うためだ。
そのためそのコマンドの代わりに「つれだし」というコードが使われる。
しかし頻繁に使っているので、そろそろばれているのではないだろうか?

と思って実験してみた。

「プルーニャ、つれだし?」
はにゃ? っと首をかしげる。

「つれだし?」
ほにょ? っとまたまた首をかしげる。

どうやらばれていないようだ。もう1回言ってみる。
「つれだし?」 「つれだし?」

連呼していたら、だんだん興奮してきた。 わんっ、わんっ、わんっ!!
走り回ったあと、オスワリしてお尻ごとしっぽをフリフリしながら待っている。
こちらをじとーーーっと見つめる目。
鼻をムフームフーとするので、鼻の上の毛が上下に動く。(おもしろい・・・)

そして究極の待ち状態。耳がうさぎになる。

うさぎ耳のプルーニャ

どうやら「つれだし」は確実にばれているようだ。
そうだ、ここはいろいろ試してみよう。

・ぶたどん? (ちょうどそのときお昼の豚丼を食べていた。)
・つめきり? (大っ嫌いなつめきりだし、反応は薄いはず。)
・おばか? (これに反応するなんて、あんた、そんなバカなねぇ。)
・その他もろもろ・・・

診断結果:
どの言葉でも連呼すると興奮状態に陥る傾向あり。
とくに「おばか」には顕著な反応を見せる傾向にあり。
総合的に鑑みて、‘連呼する言葉=さんぽ’の方程式が成り立っているらしい。

お前ちゃん、なんでもいいのね。散歩にいければ・・・

待ち状態を解除し、フーン、ンー、ンフフーン、と独り言を言いながら、うろうろしだした。
まだまだあきらめてはいない様子。

そろそろつれだすかー。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

触れていたいの・・・

とっても魅力的なプルーニャのお尻。
歩いているときは引き締まった小さなお尻なんだけど、
寝るとすごいんです。

丸いお尻①

でかっ!! まるっ!!!

あまりの魅力にお尻の白い部分をツンツンしてみると、
必ず短いしっぽで、ふたふたっとお尻の穴にふたをする。
これが楽しくて何度もツンツン・・・
そのうちハグハグッとやられる。
そりゃそうだねー。デリケートな部分、そんなにさわられたらイヤよねー。

このデカいまるケツを・・・

丸いお尻②

ぴったりくっつけて寝るのが趣味。

寄り添うだけでなく、まるケツを人に押し付けるのが重要ポイントらしい。
私がごろごろしていると、丸いお尻がかならずどこかに押し付けられている。

ここでも・・・

丸いお尻③

ダンナの背中に丸いお尻を押し付け、その上クッションまで占領するふてぶてしさ。

なんたるまるケツっぷり!?
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

とってほしいんです!!

今日はとても寒い一日。
朝はちらちら雪が降っていた。気温はなんとマイナス10℃ちかく。
最近暖かい日が続いていたのに、昨日と今日はとても寒い。

散歩に行ったときに撮った近所の公園の景色。
ちょっとだけ雪が積もってた。

雪のブライアントパーク

そして、テープルの上におもちゃを置いておいたら、プルーニャに見つかった。

フゴフゴ~、フゴ~、とテーブルの匂いをかいでいる。
なにやら上から香るらしい。

そのうち後ろ足立ちでテーブルの上を覗き込む。
フゴゴーーー!! (あっ、こんなところにおもちゃが!!)

テーブルのこっち側から覗いてみたり、あっち側から覗いてみたり、
忙しくブツの位置を確認している。

ひゃう、ひゃうん、ひゃうん!!! (とってくれ~!!!)

ちょっと意地悪。しばらく様子をうかがってみた。
すると、ちょこんとオスワリして、じーーーーーーー ・ ・ ・ とひたすら見つめる。

      おもちゃを見つめるプルーニャ①

位置をかえて、今度は反対側から、じーーー ・ ・ ・ ・ ・

      おもちゃを見つめるプルーニャ②

どうやら我慢の限界に達したらしい。
わんっ、わんっ、わんっ!!! わんっ、わんっ!! (とれって言ってんの!!!)
2分が限界か。

オスワリすればなんでもしてもらえると思ってるようだ・・・
教育の賜物だ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

のびの~びストレッチ運動

プルーニャの基本運動その1。
今日はかなり姿勢よく伸びていた。

ストレッチするプルーニャ

ステップを踏んで、確実に、それもきれいに伸びるのが鉄則。

①まずは、前足をずるずる~と床にそって伸ばし、
  後ろ足で踏ん張って、お尻をつんとあげる。(前足と肩の伸び)
  ここで「うぅ~ん」とひとこと添える。

②つぎは逆。伸ばしていた前足で立って、頭をあげて、(腕立てのときの姿勢?)
  今度は後ろ足をずるずる~と伸ばし、お尻をぐっとさげる。(後ろ足と腰の伸び)
  ここで「ふうぅ~ん」とひとこと添える。

③そのまま前足をずるずる~と床にそって伸ばすとこの姿勢のできあがり。

名づけてウルトラマンストレッチ。ジュワッ!(古い?!)
毎日このストレッチ運動を怠らない。

それにしても、足みじかっ!!(=胴なが~・・・)
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

基本のおもちゃたち

いたずら大好きのプルーニャ、いつも周りにお気に入りのおもちゃたちをはべらしている。

基本形はこちら。

おもちゃに囲まれるプルーニャ①

まず、お気に入りのクッション。
時には枕、時には敷き布団、そして、時には獲物になったりもする。
ガジガジやったあとは、ブンブン振り回し、つかれたら枕にする。
便利なシロモノだ。

そして、最近いちばんのお気に入りなのは、愛称‘くまくま’。
こいつをちょこちょこ動かすと、すぐに吹っ飛んできて、ガブッ、ブンブンと激しく楽しんでいる。
寝るときもとなりにはべらしていることが多い。たまに枕にもなる。

次にお気に入りなのは‘ほねほね’かしら。
先日、長期計画であるタグの引きちぎりに成功し、
今度は中に入っている綿を出す計画に変更した模様。
綿出し作業に熱中しているところを、ほどなくして見つかり、無事修理されたばかり。

‘ボール’もほねほねと同じくらいお気に入りかな。
テニスボールの縮小版。プルーニャの口にぴったりフィットする絶妙のサイズ。
このボールの毛をむしりとっては散らかす、というジミ~な作業が大好き。
そのため、我が家のところどころにピンクの毛や黄色の毛が落ちている。

最後に、今は下火の‘バナーヌ’。
くわえては吹っ飛ばすという作業を繰り返している。
中にピューとなる笛がついているのだが、自分では鳴らせず、
たまに偶然踏みつけたときに笛がピューと鳴って、ビビッている。

所定の場所に片付けても、気がつくとプルーニャの周りにはべっているおもちゃたちなのだった。
それにしても、我が家のおもちゃネーミングはかなり安直・・・

そんな中、ただ今、プルーニャはバナーヌを熱心に味わっています。

おもちゃに囲まれるプルーニャ②

なんと、その5分後、おもむろに寝た。

おもちゃに囲まれるプルーニャ③

なんたるお気楽プルーニャ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

お気に入りの場所

プルーニャにはお気に入りの場所がいくつかある。
今日はその一つをご紹介しよう。

それは、ここ。

お気に入りのベンチ

プルーニャはこのベンチが大のお気に入り。
どうやらベンチの下がとっても安らぐらしい。
一日に何度となくここを訪れている。

ある日のプルーニャ。
おとなしくしているなと思ったら、ベンチの下でなにやらごそごそやっていた。

ベンチ下のプルーニャ①

あの~、それトイレットペーパーの芯では?!

またまたある日のプルーニャ。
カランカランうるさいなと思ったら、ベンチの下でなにやらがじがじやっていた。

ベンチ下のプルーニャ②

あ、あの~、それペットボトルなんですけど?!

ゴミ箱チェックが日課のプルーニャ、
毎日おもちゃを探しては巣(=ベンチの下)に持ち帰り、心ゆくまで堪能するのであった。

ここなら見つからないと思ってるのかしら・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

ちょっとナーバスな時期もありました

ということで、無事ニューヨークにたどり着いたリーダーとプルーニャ。
新しい住処もそれらしく整え、どうにかこうにか新天地での生活をスタートした。

長旅のダメージがかなり大きかったのか、それとも新しい環境に少し戸惑ったのか、
新天地に群れを移動して間もないころ、プルーニャはかなりナーバスだった。

・ 周りの物音にビクビク(ウチはとにかくうるさい)
  サイレン、クラクション、車の騒音、廊下を掃除する音、
  エアコンの音、冷蔵庫の音、ご近所の話し声、すべての音に反応。
・ エレベーターでブルブル
  エレベーターという未体験ゾーンにパニック状態。
・ あまりの人の多さにオドオド
  日本ではのどかな住宅街を闊歩していたので、突然の大都会生活におノボリさん状態。

・・・だけど、1週間ほどしたらだいぶなじんできた様子。リーダー似の順応性に感謝。

      2006年9月(渡米1週間後)

これ、ちょうど渡米一週間後くらいのプルーニャ。結構元気になってきたころ。
リーダー兼カメラマンの後ろに立っている心よい人が、
一生懸命プルーニャの気を引いてくれた。
いい顔してるね~、きみ。

そして、半年過ぎた今では・・・

すっかり元通りのプルーニャ。
朝起きて、いたずら、ごはん、昼寝、いたずら、昼寝、いたずら、昼寝、
散歩、昼寝、いたずら、昼寝、ごはん、昼寝、いたずら、夜寝・・・

昼寝三昧、いたずら三昧の日々だ。
そろそろ2歳半なのにいたずらしすぎなのでは・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

一か八か密輸入してみる?!

感動の再会を果たしたリーダーとプルーニャ。
次に待ち受けるのは、最後の難関、アメリカ入国時の検疫だ。覚悟してかかるぞ~!!

っと思ったら、あれっ、素通りできちゃうじゃん。
いいの~、このまま行っちゃうけど、ほんとにいいの~。あの~、いいんですか~!!!
というリーダーの心の叫びにはまったく気がつく様子もない。
税関のおじちゃんたち、楽しそうにおしゃべりしてるよ。
おいおい、おじちゃんたち、そんなことでいいのかい?! しっかり監視しろよ~。

あとで密輸の罪で捕まったら大変と思い直し、
「あの~、犬いるんすけど~」と自己申告してみた。

ここで初めて重大なことに気がついた。
リーダーが手にしているこのアメリカ入国時の税関申告書、
な、なんと日本語で書いてあるのだ。完全なる日本語、英語訳皆無なのだ。
大真面目に当てはまる欄にきっちりチェックした人がいたとしても、
税関のおじちゃんたちは日本語がチンプンカンプンなので、
その人がなにを持ち込もうとしているかわかるわけもない・・・。
・・・・・そりゃそうだ。おじちゃん、あんたが正しい。
アメリカに入国するときの税関申告書に英語がいっさい書いてないこの現実、
たいへん摩訶不思議なり。
とにかく、この日本語版の税関申告書はまったくの役立たずだー!

とりあえず、犬を連れて入国するんだ、と税関のおじちゃんに訴えた。
すると、じゃあ、そこの検疫カウンターへ行ってちょうだい、と言われた。

今度は検疫のおじちゃんの出番だ。
ここでも、あんたがチェックしたこの欄はなんと書いてあるんだ、と攻められる。
肉とか、動物とか、動物に関わる製品とか、って書いてあるんだ、と教えてさしあげた。
あんたたち、プロなんだからマニュアルくらい持っとけよ、と突っ込みどころ満載だ。

一通り説明を終えると、検疫のおじちゃん、かなりの犬好きらしい。
男の子、女の子? なんて名前? と犬好きにありがちな会話を始めた。
そして、クレートの網越しにひとしきりプルーニャを愛でたあと、
成田の動物検疫所でいただいたありがた~い輸出検疫証明書を確認した。
以上。

はっ? これだけっすか?!
上手くいけば(普通にしてても?)素通りも十分可能なほど寛大なJFK空港の検疫なのであった。
しかも、税関申告書になにが書いてあるのかわからなくても務まるJFK空港の検疫なのであった。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・
自己紹介

Author: amico
Cast: すもも
 犬種 ミニチュア・シュナウザー
     (Salt & Pepper)
 性別 女の子♀
 年齢 8歳(2004年10月生まれ)


現在の閲覧者数:

管理画面

最近の記事 & コメント
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
+ 過去ログはこちらから
 
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。