スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

ちょっぴり南の島への旅

バミューダっていったいどこですか~?

バミューダトライアングルバミューダパンツは知ってても、
バミューダがいったいどこにあるのか、そして、いったいどんなとこなのか、
バミューダについての豊富な知識を思う存分ひけらかせる人はどのくらいいるのだろうか?
かくいう私も、バミューダについての知識はまるでなし、だった。

たいていの日本の人にとって、バミューダはあまり馴染みのない土地、だということは、
一般的庶民代表の私のレベルをかんがみても、明らかだろう。

そんな私がバミューダとの運命的な出会いを果たしたのは、つい3週間ほど前。
とある旅行カタログを見ていたときのことである。

ハリケーンシーズンにもかかわらず、カリブ海の島々のページを開く私。
バハマ、ジャマイカなどのこれぞカリブ海の島々ってとこじゃなく、
小さな島々について書かれたページを熱心に熟読する私。(ひねくれ者なの、ウフ。)
そこに「バミューダ」を見つけた!

透明度の高い海と1年中さわやかで過ごしやすい気候が魅力的。
ベストシーズンは春から初冬。
透き通った海とパステルカラーの家々が絵画のようなコンストラストを描く美しい島。

いや~ん、めっちゃよさげ~。
これは行くっきゃないわ~!!

バミューダへの旅①

いや~ん、めっちゃきれい~~~!!!

大西洋に浮かぶ美しい島々、バミューダ諸島。
珊瑚礁からなる150あまりの島々だそう。
鹿児島と同じくらいの緯度に位置するらしい。
もうちょっと涼しいのかなぁ、と思ってたら、そこには
夏! があった。

ニューヨークから飛行機で2時間ぽっきり。
ちょっぴり南の島、サイコ~~~!!!

ちょっと(いや、かなり)奮発して、
ビーチが目の前のプチリゾート、それもビーチフロントのお・へ・や。

バミューダへの旅② バミューダへの旅③

すばらしすぎます、ここ。
プチリゾートだけあって落ち着いてるし、かわいくてきれいだし、お花いっぱい咲いてるし、
ホテルのサービスは行き届いてるし、レストランのお料理は最高においしいし、
なにより感動的にきれいなビーチが目の前にあるし。

バミューダへの旅④

1.5kmほど続くピンクサンドのビーチ。透き通ったきれいな海。
感動的に美しい。

バミューダへの旅⑤この美しいピンクの砂は
海底にたまった有孔虫の赤い骨が
波によって貝などの白い殻と混ざり、
長い時間をかけて丸くなり、
砂状になったものなんだって。
よーく見ると、ピンクの粒々が
たくさん見えるのよん。
そして、ピンクサンドビーチは、
バミューダ、バハマ、そして
スコットランドの数ヶ所でしか
見られないらしい。

機会がありましたらぜひ。
でも、日本からだとちょっと遠いね。
ま、バハマ行くよりちょっと近いか。

バミューダへの旅⑥

バミューダへの旅⑦プルーニャ、お留守番させてごめんよ~。
お前ちゃんの分まで十分満喫したから
許してちょ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・
スポンサーサイト
自己紹介

amico

Author: amico
Cast: すもも
 犬種 ミニチュア・シュナウザー
     (Salt & Pepper)
 性別 女の子♀
 年齢 8歳(2004年10月生まれ)


現在の閲覧者数:

管理画面

最近の記事 & コメント
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
+ 過去ログはこちらから
 
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。