スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

平行だったはずなのに、

またまた始まった、へんてこりんなプルーニャの寝相シリーズ、いったい第何弾??

       08_31_08_1.jpg

はじめはおなかの上で抱っこされて寝てたのが・・・

08_31_08_2.jpg

時間がたったら、こんなんなってました。腹の上で完全なクロスです。
どうにもこうにも垂直が好きらしいです。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・
スポンサーサイト

無事帰ってきたら、

プルーニャの大のお気に入りクッション。
ときには枕、ときには敷布団、ときにはおもちゃ、ときにはおしゃぶり・・・
一人何役も果たしている、万能なクッション。

コーギー家にお泊り保育に行って以来、コーギー家にご厄介になったままだったんだけど、
先週日曜日、2週間ぶりにプルーニャの元に無事帰還した。

お気に入りのクッションちゃんが帰ってきたとたん・・・

08_30_08_1.jpg

クッションちゃんを愛でるように、丸まって乗っかるプルーニャさん。
この、はみ出しそうではみ出さない、ぴったりした大きさが絶妙なんでしょうかねぇ。
でも、できる限り小さく丸まらないと、はみ出ちゃうのよね・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

サイレンが鳴ったら、

ロブスター屋によって、ワイナリーによって、と寄り道ばかりして、
やっとたどり着いたミスティックのダウンタウンは、とってもこじんまりとした小さな街だった。

08_29_08_1.jpg

目をひくのは、ミスティック川に架かるこの跳ね橋。
おもりみたいなのがついてるから、きっとあのおもりを使って橋があがるんだろう。

08_29_08_2.jpg

とっても小さな街なのに、なぜか観光客がたくさん。
川沿いには遊歩道があって、周りはちょっとした公園になってるんだけど、
遊歩道を散歩する人、ベンチでくつろぐ人、釣りを楽しむ人、などなど、
夕方だったけど、まだまだたくさんの人々がいた。

       08_29_08_3.jpg

遊歩道を闊歩するプルーニャはみんなの人気者で、
たくさんの人にちやほやされて、とても上機嫌だった、のか?

そろそろ車に戻りましょうかね、っていうとき、サイレンが鳴って・・・

       08_29_08_4.jpg

歩行者用の遮断機がおろされ、

08_29_08_5.jpg

橋があがる・・・

       08_29_08_6.jpg

あがる・・・

       08_29_08_7.jpg

どのくらいの時間あがってたんだろう・・・
かなり長い時間(10分くらい?)橋はあがりっぱなしになって、一本道は大渋滞になるのであった。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

はしごの後は、

あんなにステキなロブスター屋に行ったのに、ビールもワインもなしだなんて!
なんたることっ!!

08_28_08_1.jpg

ってことで、ロブスターでおなかを満たしたあとは、近場のワイナリーに行ってみた。

ナビちゃんがいなかったらたどり着けない場所にひっそりとたたずむワイナリー。
白ワイン(シャルドネ)1本を手に入れたあと、プルーニャを誘って、ブドウ畑を見に行った。

08_28_08_2.jpg

建物の裏はちょっとした休憩場所みたいになっていて、
ブドウ畑を眺めながら、買ったワインを飲んだりできるようになっている。

       08_28_08_3.jpg

ガゼボもあって、なかなかよろしい。

       08_28_08_4.jpg

それにしてもプルーニャさん、相も変わらず、またまたちょっとおかしな格好じゃないかしら?
大得意のへっこりポーズ、ここでもご披露いただきました。

       08_28_08_5.jpg

さ~て、次!

08_28_08_6.jpg

これまたナビちゃんがいなかったらたどり着けない場所にたたずむワイナリー。
でも、2軒目のワイナリーは、1軒目のひっそり感はあまりなく、なかなか賑わっていた。
ここでは赤・白あわせて7種類のワインをテイスティング。
使ったワイングラスをお土産にもらえて、しめて7ドル。なかなかリーズナブルなお値段設定だ。

       08_28_08_7.jpg

気に入った赤ワイン(シラー)1本を手に入れて、またまた建物の裏手にあるブドウ畑へ。
テラスにはテーブルとイスが置いてあるし、

08_28_08_8.jpg

ブドウ畑のそばにはテーブル代わりのワイン樽が置いてあるし、
それぞれが自分たちの好きな場所で思い思いにワインを楽しんでいる中、

08_28_08_9.jpg

道端には臨戦態勢のニャンコさまが!!
なぜって、

08_28_08_10.jpg

プルーニャが猛烈アタックを仕掛けようとしているところだったから。
もちろん、この直後、ニャンコさまには瞬時に逃げられましたとさ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

夏空の下で、

       08_27_08_1.jpg

これまた、先週末のお話。
我が家から車で2時間半くらいかな? コネチカット州の東にあるミスティックってとこに行ってきた。
なんでも若かりしジュリア・ロバーツが出ていた映画、『ミスティック・ピザ』って映画の舞台らしい。

先日プルーニャがお泊り保育したコーギーちゃんの飼い主さんにオススメの場所を教えてもらって、
なんと、教えてもらったとおりのプランを実行してしまう、ものぐさ太郎な私。

08_27_08_2.jpg

ミスティックの街にたどり着く前に、まずは腹ごしらえ、ってことで、
コーギー家オススメのとってもステキな場所でランチにすることに。

08_27_08_3.jpg

なんと、海辺の、こんなステキなテラス席(とは言わないね、これは・・・)でお食事できるのだ~!

       08_27_08_4.jpg

プルーニャさん、いつものように食料が届くまでは、テーブルの下でおとなしくオスワリ。

       08_27_08_5.jpg

ときには振り向いて満面の笑顔を見せてくれたりするんだけど、
かなりモシャ顔だわ。マユゲもヒゲも伸ばしすぎかな・・・

08_27_08_6.jpg

で、この日のランチはロブスターです!!
どうやらこのあたりはロブスターが名産らしい。
でも、出てきたロブスターは、なんと、カナダ産!!
はさみに巻いてある輪ゴムに、おもいっきり、CANADA、WILD って書いてあるし・・・
そんなことはまったく気にせず、むさぼりついたロブスターは、
弾力があって、とっても美味しゅうございました。

これで、ビールがあればなぁ。
なんと、このお店、アルコールは一切置いていないのだ。
そのことを聞いていたから、近所のスーパーなり酒屋なりで買ってけばいいや、って思ってたのに、
なんと、コネチカット州は日曜日にお酒を売ってはいけないんだって!! なんたることかしら。

08_27_08_7.jpg

最後に、お決まり、プルーニャのロブスターウェア。
なかなかお似合い?

08_27_08_8.jpg

とってもステキなロブスター屋、教えていただいてありがとうございました!
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

センサーが働いたら、

コニーアイランドといえば、

08_26_08_1.jpg

これこれ。
毎年7月4日の独立記念日に行われる、ホットドッグ早食い競争。
残念ながら、小林くん、今年も負けちゃったね・・・

08_26_08_2.jpg

そして、ここがネイサンズの本店。
ネイサンズのホットドッグ、私にはイマイチだけど、
(というか、ホットドッグのあのフニャフニャのパンがイヤ)
せっかくなので、ここで朝ごはんにすることにした。

       08_26_08_3.jpg
「なんだかいいにおいがするっす。」

ホットドッグがやってくるまでの間、プルーニャは一応外で待機。
でも、まだ朝早い時間だったから、お客さんも少なくて、
ちょっぴり中をうろついてみちゃってたりして・・・

08_26_08_4.jpg
「なんっすか、それは!!」

食料調達班が戻ってくるなり、プルーニャのセンサーが何かをキャッチしたらしい。

08_26_08_5.jpg

ネイサンズなんだから、これはホットドッグっすよ。
お前ちゃんにはまったく関係ないもんっすけど、なにか。

08_26_08_6.jpg
「なんなんっすか、それは!!」

それにしても、いつものことながら、食べ物がやってくるなり、耳立ちすぎっす・・・
しっぽもそうだけど、耳にセンサーでも仕込んでるんっすか?

08_26_08_7.jpg

そんなに真剣に見つめても、これはお前ちゃんにはあげられないっすよ。
こんなに味の濃そうなもの、お前ちゃんには毒っす。

08_26_08_8.jpg
「いいにおいがしてるんっすが、いったいそれはなんなんっすか!!」

何かもらえるまで、がんばるプルーニャです。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

電車に揺られて、

週末、地下鉄に乗って行ってきた。
プルーニャさん、郊外へ向かう電車には比較的長い時間乗ったことはあるけれど、
こんなに長い時間(50分くらいかな)地下鉄に乗るのは初めて。
郊外に向かう電車と違って、地下鉄はボックス席じゃないから、
人が乗ってくるたびにきょろきょろしながら、そして、途中ゴロンとしてあご乗せしながら、
なんとか無事に目的地にたどり着いた。

       08_25_08_1.jpg

プルーニャの電車乗り姿、初公開、かな?
地下鉄やバスにペットを連れて乗るときは、キャリーバッグに入れなくてはいけないので、
プルーニャはいつもこんな頭陀袋に入ってます。頭、思いっきりでてるけどね・・・

08_25_08_2.jpg

マンハッタンから川を渡ったこのあたり、地下鉄は地下を走っておらず、高架を走ってます。
そして、ここは終着駅。線路はここがどん詰まりです。

       08_25_08_3.jpg

電車を降りると、とってもいい天気。なんと、時間は朝8時。
ちょいと野暮用があってこの近くまでやってきたから、
ついでに行ってみよう、ってことでやってきたんだけど、
朝だってのに、すでに陽射しがきついわ~。

08_25_08_4.jpg

そう、やってきたのはコニーアイランド。
マンハッタンから川を渡って東側、ブルックリンの南にある、マンハッタンから一番近いビーチ。
だだっ広いビーチが延々と続いていて、なんと総距離11キロもあるんだって。
でも・・・ 朝だったせいもあるのか、ビーチは真っ平らに均してあるし、
しかも、均した感がひしひしと伝わってくるし、う~ん、なんだかなぁ。

       08_25_08_5.jpg

ビーチの隣には、昔ながらの遊園地、アストロランドがあるんだけど、
雰囲気としては、花やしきとか後楽園とか、そんな感じかなぁ。なかなか哀愁漂う遊園地です。
朝だからまだ開園してないけど、昼間は賑わってるのかしら・・・

08_25_08_6.jpg

この遊園地、去年、コニーアイランド一帯の再開発を進めようとするディペロッパーに売却され、
ホテルやコンドミニアム、ウォーターパークやショッピングモールといったレジャー施設の建設を
スタートするために、去年いっぱいで閉鎖される、って言われてたけど、
地元市民の反対が功を奏したのか、閉鎖が延期になって、今シーズンもオープンしてます。
でも、来シーズンはもうないのかなぁ。

       08_25_08_7.jpg

ビーチに沿ってボードウォーク(板張りの遊歩道)がずっと続いていて、これがなかなかいい感じ。
プルーニャもこの板張りの遊歩道を闊歩してきた。

遊歩道には屋台が並んでるんだけど、これまた哀愁漂ってて・・・

       08_25_08_8.jpg

こんなレトロなレジ。なんと、現役でした。
ちゃんと売り上げ計算できてるのかなぁ。そのへんは適当でいいのかしら?

08_25_08_9.jpg

週末の早朝のコニーアイランドの遊歩道は、ご年配のみなさまのいい散歩コースになってるみたい。
もちろん、ワンコもたくさん出張ってた。

       08_25_08_10.jpg

散歩に疲れたら、ベンチで休憩して、ビーチを眺める、って朝もいいもんだね。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

回してみたら、

       08_24_08_1.jpg

通りを歩いていたら、偶然見つけたこれ。

       08_24_08_2.jpg

なんと、ワンコのおやつの自販機。
しかも25セントとは、なんとお安い・・・

       08_24_08_3.jpg

ガチャガチャの要領で、コインを入れて、ハンドルをぐるんと回せばいいらしい。
で、さっそく試してみたら、

       08_24_08_4.jpg

出てきたの、こんだけ。
25セントは伊達じゃないわ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

停まっているのは、

08_23_08_1.jpg

よく週末に見かけるこの車。
ASPCA(The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals)、
つまり、アメリカ動物虐待防止協会のトラックです。

アニマルプラネットでやってる、アニマルポリスの番組に出てくるけど、
ASPCAはニューヨーク拠点の非営利団体で、
動物虐待を取り締まる活動を行っている団体です。

動物虐待を取り締まるだけではなく、アダプション(里親探し)なんかもやっていて、
里親が必要な子達をトラックに乗せて、こんな風に街中を周ってます。
よくこの場所にいるから、ここは週末の里親探しの場所なのかな?

08_23_08_2.jpg

ここではいつも猫ちゃんの里親探しをしていて、
トラックの中も覗いてみたけど、かわいい猫ちゃんが10匹くらいいました。

我が家ももう一匹シュナが欲しいところ・・・
いい子、いないかなぁ。

その前に、プルーニャがフレンドリー犬になってくれないと・・・
がんばれ、プルーニャ!
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

お食事がとどいたら、

先日、プルーニャの散歩途中で、とあるダイナーに寄ったときのお話。

       08_22_08_1.jpg

こんな風(↑)に、歩道にテラス席をつくっているレストランはとても多いんだけど、
みんなの歩道にもかかわらず、(もしかしたら、レストランの前の歩道の一部は
そのレストランの敷地なのかもしれないけど・・・)
仕切りを立てることによって、そこはウチの敷地内よ、ってことにしちゃってるみたいで、
歩道につくられたテラス席でもワンコはダメってとこが結構あったりするマンハッタン。
そんな中、このダイナーはワンコ連れでもOKな、貴重なレストランのひとつなのでございます。

08_22_08_2.jpg

私たちが食べ物をオーダーしているときは、プルーニャはテーブルの下でしばし休憩。
そして、食べ物がやってきたら、活動を始めるのだ。

08_22_08_3.jpg

カリカリという音に見事に反応。
オスワリして、私、ここで待ってますオーラをガンガンに出し始める。
あまあま飼い主の私は、そんなとき、どうも何かをあげてしまう癖があり、
このときも、余ったトマト一切れを分離分割して、ちょっとずつ、差し上げてしまった。

08_22_08_4.jpg
「じーーー・・・」

08_22_08_5.jpg
「ぱくっ!」

08_22_08_6.jpg
「じーーー・・・」

08_22_08_7.jpg
「はぐっ!!」

08_22_08_8.jpg
「じーーー・・・」

08_22_08_9.jpg
「はがっ!!! ごくんっ!!!」

お前ちゃん、最後は丸のみですか・・・
そうね、そういえばトマトは飲み物でしたね。

口をがばっと空ける瞬間を押さえたかったのに、プルーニャったら瞬時に食らいつくから、
どれもこれもトマトに食いついたあとばかり・・・ うーん、瞬撮の修行が必要だわ。

それにしても、オスワリする位置がだんだん後ろに下がっていくのはなぜなんだろう?
瞬間食らいつきのために、助走する距離が必要だからかしら・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

お暑いので、

昨日のドッグランのお話のつづき・・・

プルーニャが一目ぼれしたビーグルくん、2ビーグルでやってきてたんだけど、
実は、ドッグランに到着するなり、いきなり飼い主さんに水をかけられて、
なんだか泡立ちはじめたぞ・・・ と思ったら、おもむろにシャンプータイム。
2ビーグルそろって、次々に洗われた。
どうやらドッグランに遊びに来たついでに洗髪したらしい。
(もしかしたら逆で、洗髪しに来たついでにドッグランで遊んだのかも・・・)

そして、2ビーグルがシャワーを浴びたあとには、当然のごとく水たまりができるわけだけど、
この日はとっても暑かったもんで、

08_21_08_1.jpg

地面がぬれてるところで涼む、もこもこちゃん。
きっと、水でぬれて地面が少し冷たくなって、おなかくっつけると気持ちいいんだろうね。

08_21_08_2.jpg

プルーニャにも涼しい気分を味わってもらおうと、背中だけ水浴び。
そんなプルーニャを間近で見守りまくるオブザーバー2ワン・・・

08_21_08_3.jpg

ぶるるんっ!!!

08_21_08_4.jpg

しっとりぬれて、ちょっとは涼しくなったのかしら。
でも、あっという間に乾いちゃうんだけどね。
まあ、ちょっとだけ涼しい気分、ってことで。

08_21_08_5.jpg

ボール遊びが大好きなこのワンコ。
飼い主さんが投げたボールを何度も何度も取りに行っていた。
そして、ボールのくわえ方がなかなか小粋だった。
いつでも、斜め噛み、もしくは、はじっこ一部噛み、って感じ?

真昼間の暑い時間が近づき、次々にワンコが帰っていく中、
ランに取り残された3ワン。

       08_21_08_6.jpg

プルーニャ姫はまだまだ恥ずかしがりやのようで、
ボール好きワンコにはなかなか近づけないのでありました。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

お泊り保育明けは、

プルーニャさん、ちょっぴりだけど、フレンドリー犬に成長しておりました。

       08_20_08_1.jpg

週末はとっても天気がよかったので(最近、いつも天気いいけどね・・・)、ドッグランに行ってみた。

08_20_08_2.jpg

ランに入るなり、いろんなワンコがプルーニャにご挨拶にやってきてくれたんだけど、
びびりんプルーニャはかなりぺっぴり腰。相変わらずねぇ、と思っていたのに・・・

08_20_08_3.jpg

ちょっとなじんでる風?

自分から他のワンコにご挨拶に行って、でもちょっと怖くなって、
すたこら戻ってきて私が座ってるベンチの下に隠れて、
またまた自分から他のワンコにご挨拶に行って、ビビって戻ってきて隠れて・・・
を何度も何度も繰り返しつつ、ついにはお気に入りのワンコを見つけたらしい。

08_20_08_4.jpg

この日、プルーニャのおめがねに適ったのは、このビーグルくん。
ドッグランの傍らで飼い主さんにおもむろにシャンプーしてもらってて、とってもいい香りだった。

08_20_08_5.jpg

プルーニャさん、この日はいつになくとっても積極的。
ビーグルくんにアタックすべく、ずっとくっついてまわってた。

08_20_08_6.jpg

ビーグルくんはそんなプルーニャがうっとおしいらしく、
プルーニャが段の上に登れないのをいいことに、段の上から降りてきてくれず、
それを下の地面でひたすら追い掛けまわすプルーニャ。
白黒のちびっ子ワンコがプルーニャをしきりに遊びに誘ってるのに、
そんなちびっ子には目もくれず・・・

       08_20_08_7.jpg

逃げ回るビーグルくんを、ひたすら、

08_20_08_8.jpg

ひたすら、追い掛けまわす。
白黒ちびっ子ワンコのことは完全ムシを貫き通していた。
気の毒なちびっ子・・・

08_20_08_9.jpg

ちびっ子がいなくなったあとも、ひたすらビーグルくんだけを、

08_20_08_10.jpg

追い続けておりました。

よっぽどこのビーグルくんが気に入ったのね。
でも、お前ちゃん、相手には完全に嫌われてたよ、きっと。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

飛び立つ前に、

カンクンの空港でみつけた、ワンコ特集~!


その1

       08_19_08_1.jpg

テキーラをかっくらうチワワン。
そういえば、ソンブレロの上にチワワを乗っけてるメキシコのおじちゃん、見なかったなぁ。


その2

08_19_08_2.jpg

なぜか空港の出発ゲートにたたずむ、ペットアクセサリーショップ。
皮製のカラーやリーシュ、チャームなんかが売っていた。

       08_19_08_3.jpg

窓にはシュナ!


これにて、カンクン旅日記はおしまいです。
長らくのお付き合い、ありがとうございました。
明日は久々にプルーニャが登場する、かもよ・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

ジャングルをぬけたら、

ただいま、ボートの操縦法の指南中。

08_18_08_1.jpg

操縦法を教わったら、さっそく出航だー!!

08_18_08_2.jpg

ぶい~~~ん。広大なラグーンを渡り、

08_18_08_3.jpg

ぶぶぶい~~~ん。マングローブのジャングルをぬけ、

08_18_08_4.jpg

ぶぶぶぶぶい~~~ん。向かうは・・・

08_18_08_5.jpg

海!!

ここは海の国立公園です。この珊瑚礁エリアでスノーケリングを楽しみます。
きれいな珊瑚、そして、トロピカルなお魚ちゃんがいっぱい!

08_18_08_6.jpg

二人乗りのスピードボートでマングローブジャングルを滑走したあとは、
スノーケリングでトロピカルな魚たちウォッチング。
その名もジャングルツアー。

数あるウォーターアクティビティのなかでも、ジャングルツアーはとっても人気らしいよ。

08_18_08_7.jpg

ツアーから戻ったら、イグアナちゃんが迎えてくれました。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

神秘的と思いきや、

ユネスコ世界遺産のひとつ、マヤの古代遺跡、チチェン・イツァ。
カンクンからは車で3時間弱。ジャングルの中に佇む、巨大な遺跡です。

08_17_08_1.jpg

このピラミッドはあまりにも有名だよね。
実はこれ、マヤの暦になっているんだって。

階段の各段が一年の日数をあらわしているそう。
各面に91段の階段があり、91段×4面で364段。それに最後の神殿に上がる1段をたして365段。
つまり、一年365日。

そして、ピラミッドの各層が一年の月数をあらわしているそう。
ピラミッドは9層構造で、階段でふたつに分断されているから、9段×2で18段。
つまり、一年18ヶ月。(マヤ暦の一年は18ヶ月らしい。)

さらに、ピラミッド上に立つ神殿の屋根飾りがひと月の日数をあらわしているそう。
各面に5つの屋根飾りがあり、5つ×4面で20個。
つまり、ひと月20日。(マヤ暦のひと月は20日らしい。)

18ヶ月×20日=360日。最後の5日は邪悪な日とされていたようです。

08_17_08_2.jpg

他にも、あの四角の数がいくつあるから、これこれ、
あの層だか段だかの数がいくつあるから、それそれ、
っていう、数のこじつけと紙一重なんじゃなかろうか、って内容をたくさん説明されたんだけど、
すみません、忘れました。

このピラミッド、正面に立って手をたたくと、「ぷよっ」っていうような不思議な音が返ってくる。
それも1回たたいたら、たった1回だけ。
木霊なら「ぷよっ、ぷよっ、ぷよっ、ぷよっ、ぷよっ・・・」って何回か返ってくるはずだから、
これは木霊じゃない、ってガイドさんは言っていた。

08_17_08_3.jpg

こちら(↑)は球戯場。
ここでは、プエゴ・デ・ペロタと呼ばれた球技が行われたそう。
一チーム7名で構成され、腰でゴムのボールを打ち合いながら、

       08_17_08_4.jpg

壁の上部に取り付けられたこの穴(↑)にボールを何回通したかで勝敗を決めるものだったようだ。

ちなみに、この球戯場で手をたたくと、必ずぴったり7回木霊が返ってきて、
これはチームが7名で構成されているからなんだよ、ってガイドさんは言っていた。
なんだかこじつけクサイ・・・

08_17_08_5.jpg

これ(↑)は、生け贄になるチームリーダーの首が跳ねられて、
鮮血がヘビとなって飛び出しているレリーフ。球戯場の両サイドの壁に描かれている。
競技終了後、死の儀式が行われ、勝ったほうだったのか、負けたほうだったのか、
諸説あるらしいんだけど、どちらかのチームリーダーが神への生け贄となったらしい。

08_17_08_6.jpg

生け贄の心臓を乗せたという、チャック・モール。

08_17_08_7.jpg

ドクロのレリーフで装飾された、生け贄の台座。

マヤの人々は死後の世界を強く信じていたので、
死後の世界へ行くことは、彼らにとっては名誉なことであり、
生け贄となった死者は天国の最上階に入れると信じられていたため、
死んでゆく本人もその親族も喜んで死の儀式に参加したそうだ。

08_17_08_8.jpg

こちら(↑)は天文台。
マヤ人の天文学はとても優れていて、太陽暦の1年を365.2420日と計算していたんだって。
これは、現代天文学がコンピュータで計算した1年(365.2422日)とほとんど誤差がないんだって。
(ウィキペディアより)

08_17_08_9.jpg
08_17_08_10.jpg  08_17_08_11.jpg

道端で売られていた、マヤっぽい木彫り。
売り子さんたちはさぞかし積極的な営業活動を行っているんだろうと想像を膨らませてたけど、
そんな私の想像に反し、結構ジミ~に営業中だった。

08_17_08_12.jpg

チチェン・イツァの中をうろついていたワンコ。
他にも何匹かいたけど、あまりに暑くて、みんな露店の商品台の下でまったりしてた。

08_17_08_13.jpg

毎年春分の日と秋分の日には、羽毛を持ったヘビの姿をした神、ククルカンが、
この地に舞い降りるみたいですね。

マヤの人々の数合わせ好きに驚きつつ、
でも、ガイドのおっちゃん、そりゃあちょっとこじつけすぎ、とも思いつつ・・・
それにしても、暑かった~!!!
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

海を越えた先は、

事前警告
今回はかなりの超巨編です。あしからず。

 ・ ・ ・ ・ ・

カンクン北岸から4キロほどのところに浮かぶ、カンクンから一番近い島、
イスラ・ムへーレス(女の島って意味なんだって)。
海も砂浜もカンクンより青くて白くて、とってもきれいらしい。
カンクンのホテルゾーンにある港から船で30分弱。よしっ、行ってみよ~。

ってことで、ホテル近くのバス停から路線バスに乗って港まで向かい、
そこから船に乗り込んだ。

08_15_08_1.jpg

遠くに見えるのがイスラ・ムヘーレス。そして、
海が青~い!! めちゃキレイ~!! ものすごく澄んでる~~~!!!

キレイな景色を楽しみながら、クルージング気分を味わっていたところ、
船の乗組員のおじちゃんがやってきて、オススメツアーとやらをしきりに勧めてきた。

小船に乗って、島の西側を巡るツアー。
スノーケリングとランチがついて、その上、イルカもカメもサメも見れちまうんだぜ。
こんなに盛りだくさんで25ドルぽっきり。どうだい、とっても安いだろ、セニョリータ。
自分で行ったら、交通費にランチ代、結構高くつくよ~、って内容。

25ドルだし、スノーケリングできるし、ランチもついてるし、ま、いっか。
ってことで、ツアーに申し込む我々。

そして、おじちゃんは次の獲物を捕らえようと、
乗船客一グループ一グループに片っ端から誘い文句をささやくのであった。

08_15_08_2.jpg

30分ほどクルージング気分を味わったあと、イスラ・ムヘーレスの港に到着。

さあ、ツアーの小船に乗り込むわよ。おじちゃん、どの小船?
いやいや、そうあせるなよ、セニョリータ。もうちょっと待ってくれ。あと10分ほどしたら声かけるよ。

で、しばし待つ。ここはメキシコ。10分ってのはきっと30分のことね。
と思ってたら、ことのほか早く、15分ほどで声をかけられた。

この爺さんが船頭だよ、セニョリータ。彼についてっておくれ。

ってことで、船頭の爺さんにくっついていって、さっそく小船に乗り込む我々。
えっ、ここまで来る船にあんなに乗船客いたのに、まんまと捕らえられたのは私たち二人だけ?
ひょっとして、貸し切り?! ラッキー!!
な~んて思ってたら、あとから人のよさそうなメキシカンファミリーがやってきた。

さあ、やっと出発だ~!
と思ったら、船頭の爺さん、おもむろに隣の桟橋に船を止めた。
そして、ポリタンクを持って船を降り、すたこらとどこかへ向かう。
しばらくして戻ってきた船頭の爺さん。
ポリタンク持ちの若者を従えて、片手には水、片手にはクラッカー。
どうやらガソリンを仕入れに行ってきたらしい。ついでに食料も。
ここはメキシコ。どうやら事前準備って言葉はないらしい・・・

ガソリンも仕入れたし、さあ、今度こそ出発だ~!!
と思ったら、おもむろに電話をかける船頭の爺さん。
そして、なぜか、もといた桟橋に戻る小船。
爺さん、今度はなに? 小船に乗り遅れた新しいお客さん?
と思ったら、なにやら若者がひとり乗り込んできた。
どうやら船頭の爺さんの弟子らしい。

さあ、今度こそ本当に出発だ~!!!

08_15_08_3.jpg

5分ほど小船に揺られて、到着したのはスノーケリングスポット。
水がものすごく澄んでて、船の上からでも海の底が見えるくらい。
スノーケリングを楽しむ人を避けながら、停泊場所に小船を止めて、
さっそくスノーケリングタイムなり。

カンクンの海は自然保護地区になっていて、
さんご礁があるあたりの海に入るときには、入場料21ペソ(約2ドル)が必要なんだって。
で、入場チケット代わりに、こんな風(↑)に腕輪が巻かれるのだった。

08_15_08_4.jpg

このあたり(↑)の海底が砂のエリアでスノーケリングを楽しむ人もいれば、
ちょっと離れたさんご礁エリアまで泳いでいって、そこでスノーケリングを楽しむ人もいる。

私たちは泳ぎ+さんご礁界隈でスノーケリングを選択。
船頭の弟子(助手か?)の兄ちゃんにくっついて泳ぎ、
30分くらいトロピカルな魚ちゃんたち鑑賞を満喫した。
バラクーダなんかも見れちゃったし、
兄ちゃんが海底から拾ってきてくれた巨大ヒトデにもさわれちゃったし、
兄ちゃんもダンナもさわれた海の中に立ってた金の像に私の手は届かなかったけど・・・
とってもいい気分なスノーケリングタイムだった。

さんご礁のスノーケリングスポットまで迎えに来てくれた小船に乗って、
お次はイルカを見に行くわよ~。

08_15_08_5.jpg

・ ・ ・ ・ ・ あ、あのー、これがイルカ鑑賞っすか?

どうやら、イルカが見れるってのは、イルカと泳ぐプランが人気の、
ドルフィン・ディスカバリーって施設を脇から盗み見しちまおうってことだったらしい。
たしかにツアー勧誘員のおじちゃんは、イルカが見えて写真が撮れる、って言ってただけだった。
そして、たしかにイルカが見えて、写真もこんな風(↑)に撮れてはいた。かなり一部分だけだけど・・・
でも、想像してたのとちょっと違ってたわぁ。
私ったらてっきり、ドルフィン・ディスカバリーに連れて行かれて、
イルカ鑑賞代は別料金だよ、セニョリータ、ってことかと思ってたのに、
こんなすばらしい戦法があったとは。さすがメキシコ。
そして、我ら小船の両サイドには、同じく盗み見ツアーの小船たちが漂っているのであった。

イルカ鑑賞も満喫したし、お次はカメ鑑賞だ~。
ひょっとしたら、カメ鑑賞も・・・ ムフフ

08_15_08_6.jpg

との期待はまんまと裏切られ、カメ鑑賞はそれなりのとこだった。
連れてこられたのは、Las Tortugranja。日本語だと、さしずめ、亀園、ってとこだろうか。

08_15_08_7.jpg  08_15_08_8.jpg

イスラ・ムヘーレスには亀が産卵にやってくるらしいんだけど、ここは、
その卵を保護して、ふ化させて、また海に戻すっていう取り組みをしている施設なんだって。
小さいながらも亀の水族館みたいなのもあって、そこにはふ化させた亀たちがたくさんいた。
子ガメから大ガメまで、大・中・小とよりどりみどり。
子ガメちゃんなんて、いったいここに何匹いるの?ってくらい、うじゃうじゃとたくさん泳いでた。

そういえば、ホテルの前のビーチにも亀が産卵した場所があって、
何月何日に産んだ卵、みたいな札が立ってたなぁ。
カンクン界隈の砂浜は亀の産卵地なのね、きっと。

カメの愛くるしい顔に満足したあとは、お待ちかねのランチ~、+サメ鑑賞。

で、サメ鑑賞はどんなだったかっていうと、
レストラン前の海の浅瀬に作られた囲いの中を泳いでいるサメを
サメ担当のおじちゃんが呼び寄せてくれて、抱っこさせてくれるので、
サメを抱っこした写真が撮れる、ってものだった。
サメの肌はサメ肌だった、ってのが感想かしら。

08_15_08_9.jpg  08_15_08_10.jpg

で、お待ちかねのランチはというと、どうやら案内されたレストランは、
私たちの小船ツアーと同じようなツアーがよく立ち寄るレストランらしく、
ツアーの案内役が自分のツアー参加者の給仕役を務めるという仕組みらしい。
いままで船を操縦していた助手の兄ちゃんがいきなりウェイターに変身し、
料理を厨房まで取りにいって、テーブル脇でちゃっちゃか盛り付けして、
こんな(↑)ランチプレートを出してくれた。

バラクーダかなんかの魚を焼いたものと、ピラフと、パスタと、キャベツのサラダ。
素朴ながら、なかなかのお味でした。パスタは非常にやわらかかったけどね。

これにて、25ドルツアー、おしまい~。
かなり盛りだくさんな、大満足なツアーだった。

08_15_08_11.jpg  08_15_08_12.jpg
08_15_08_13.jpg  08_15_08_14.jpg

イスラ・ムヘーレスで見つけた乗り物たちと、

08_15_08_15.jpg  08_15_08_16.jpg
08_15_08_17.jpg  08_15_08_18.jpg

イスラ・ムヘーレスで見つけたメキシカンテイストな小物たち。

       08_15_08_19.jpg

島上陸時間は4時間くらいだったから(その間ツアーに費やした時間3時間半)、
限られた場所しか周れなかったけど、イスラ・ムヘーレスはとってもステキな島でした。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

旅立った先は、

今日からしばらく我が家の旅日記を綴ります。どうぞお付き合いあれ~。
旅の間、プルーニャはピーちゃん&ショーちゃん家でお泊り保育でございます。

08_13_08_1.jpg

澄み渡るカリブ海!! 青い~!! キレイ~!! 最高っ!!!
あまりに天気がよくて、日差しが強くて、写真では青がきれいに写らないのが残念・・・

08_13_08_2.jpg

パラセイリングも楽しそう!! なんだけど、
20分足らずでひとり60ドル・・・ 二人で120ドルかぁ・・・ う~ん・・・
迷わずジェットスキーを選んだ、しぶちんな我が家です。

さーて、今回やってきたのは、メキシコはカンクン。
世界にちょっぴり名だたる(?)大リゾートでございます。

海はきれいだし、ホテルは最高だし、いい人いっぱいだし、天気はいいし、いうことなし!!

        08_13_08_3.jpg

ホテルに到着したら、冷たい濡れタオルとウェルカムドリンクで迎えてくれて、
そんでもって、お花なんかくれちゃうし、何をするにしても必ず名前を呼んでくれるし、
ワタクシ、お世話係のアント~ニオ(仮名)と申します。なにか御用はございませんか?
なんてのがひっきりなしにやってくるし、なんだか勘違いしそうよ~。
なんだか日本の高級旅館に来てるようだわ~。

でも、ちょっぴり予算をケチったので、オーシャンビューの部屋ではないんだな。

08_13_08_4.jpg

でもでも、見晴らしのいい最上階の部屋を案内してくれてたから、
ラグーンビューでもなんら問題なし!
それに、海が見える昼間の時間って、プールにいるか、海にいるかのどちらかだもん。
部屋から海なんか見えなくたって・・・ 未練がましい?!

そして、この部屋からなら、ラグーン側のプールサイドに潜む・・・

08_13_08_5.jpg

イグアナどん が見えるんですもの~!!

イグアナどんったら、ホテルの飼いイグアナかと思いきや、野生に暮らすイグアナどんで、
どうやらプールサイドの小脇のコンクリートと地面の間に穴を掘って、そこに居住しているらしい。
(追いかけていったら、その隙間の穴に逃げ込んだから、きっとあそこが奴らのアジトに違いない。)

昼間、太陽がさんさんと射してくると、冷えた体を温めにアジトからにょこにょこと出てくるようで、
ときにはプールサイドのバーの兄ちゃんからバナナを振舞われ、かなりの高待遇らしい。

08_13_08_6.jpg

イグアナどん、あなた、よく見ると愛すべき出で立ちじゃない。
寒くなったら日向ぼっこして、腹が減ったらバナナ食って、いい暮らしねぇ。

で、ホテル滞在中、イグアナどんチェックを欠かさなかったのは言うまでもない・・・
イグアナどんが出張ってたら、プールサイドまで駆け下りる、っていうのが日課だったりして。
ああぁぁ、愛しのイグアナどぅーん、今日も好物のバナナを食らっているのかしらぁぁぁ。

さて。
荷解きをして、ビールをグビリといって一息ついたら、

08_13_08_7.jpg

泳ぐわよ~!! もとい、浸かるわよ~!!!
メインプールは海に面していて、そりゃあナイスビューでございます。
海辺に漂うホンダワラの群れを眺めながら、(今の時期なのかなんなのか、ホンダワラ大増殖中)
まるで巨大風呂にでも入っているかのような錯覚をおこす温~いプールに浸かって、
極楽、極楽~。

08_13_08_8.jpg

そして、プールの脇にはバーがあるから、いつでもどこでも飲みまくり!!
飲んだくれ人生、最高~!!

このホテル、カリブ海界隈のリゾートホテルによくある(他の地域にもあるのかな?)
オールインクルーシブ(すべて込み)っていうシステムをとってて、ホテル滞在中、
食べ物、飲み物、すべて込み。だから、好きなだけ食べて、好きなだけ飲める。
食いしん坊で呑み助な私にはとってもキケンなし・く・み。

        08_13_08_9.jpg

日がな一日、プールに浸かって、カクテル飲んで、
おなかが空いたらプールサイドでおつまみつまんで、
なんてぐうたらで素敵な日々なんざんしょ。


 おまけ 

08_13_08_10.jpg

ハネムーナーで賑わう夜のメインプールサイド。
足先を水に浸しながらのディナーなんて、なんだかよくない?
生音楽なんかもあったりで、なんだかハネムーナーたちだけ高待遇でずるーい。

我ら夫婦、ハネムーナー? ハネムーナー? と何度聞かれたことか。
カンクンに来るカップルはみんなハネムーナーなのか? と問いたくなるほどです。
でも、きっと、そうだ! ときっぱり言われるくらい、ハネムーナーが多いんだろうなぁ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

かぶってみたら、

プルーニャがお泊り保育を満喫している間、

08_11_08_1.jpg

こーんなところや、

       08_11_08_2.jpg

こーんなところで、

夏真っ盛りな日々を過ごしていた飼い主。
帰ってきたら、ニューヨークはちょっぴり涼しくなってました。

そして、プルーニャさんはというと、お帰りリムジンサービス付きでお泊り保育から無事ご帰還。
その上、お帰りシャンプーサービスまで付いてて、かなりの高待遇でございました。

1週間ぶりの感動のご対面を果たしたあとは、恒例のお土産タイム~。
プルーニャにお土産買ってきたわよ~。

08_11_08_3.jpg

じゃーーーん。

こーんなかわいいソンブレロ。
きっとプルーニャにお似合いよ~。

で、さっそくかぶせてみた・・・

       08_11_08_4.jpg

あ、あのー、

       08_11_08_5.jpg

ひょっとして、お嫌でしたでしょうか・・・

プルーニャの頭がデカすぎて、頭にちょっこり乗っけるようになってしまったのが気にいらないのか、
かな~り、へっこり・・・ 頭下げすぎもいいとこです。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

たどり着いた先は、

プルーニャさんがめかしこんで出かけた先では・・・

08_04_08_1.jpg

こーんなおいしそうなタイ風カレーや、

08_04_08_2.jpg

こーんなおいしそうな生春巻きや、

その他もろもろ、たくさんのご馳走が待っていた。
すべて手作り。どれもこれもめちゃうまい!! ワタクシ、感動しました!!

そう、めかしこんだプルーニャがやってきたのは、
先日プルーニャと仲良く(?)遊んでくれたコーギー親子、ピーちゃんとショーちゃんのおウチ。

おいしいお食事のあとは、恒例(?)のトライアングル編隊での大行進。

08_04_08_3.jpg

やっぱり今回もお互い、というか2対1の微妙な距離。
で、プルーニャひとり、様相が違ってます。
ファイトォォ! いっぱぁぁつ!! 気合十分。ホフク前進せんばかりの勢いです。

08_04_08_4.jpg

ドッグウォーカー気取りで3匹一緒に散歩させてみるダンナに、
リーダー気取りで先頭に立ってガシガシ進むびびりんプルーニャ。

08_04_08_5.jpg

ショーちゃんとプルーニャ、夢の2頭引き。
でも、ちょっと違うかしら・・・?
お互い微妙な距離が必要らしく、反対方向に行きたがるふたり。
かなり斜め歩きです。

       08_04_08_6.jpg

車が来たから、端によけるぞ~、ってときには、
ショーちゃんに引かれて、プルーニャも端っこへ。
2頭引きって引く側にとっては結構便利だわ。

       08_04_08_7.jpg

まだまだ、わっせわっせ、って感じだけど、だんだん慣れてくれるかしら。

プルーニャさん、これからしばらくピーちゃん&ショーちゃんとの共同生活が始まります。
ピーちゃん、ショーちゃん、KOUさん、ご主人さん、どうぞよろしくお願いしま~す。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

風呂上り後は、

       08_03_08_1.jpg

プルーニャさん、このたび、一っ風呂浴びてこざっぱりいたしました。

08_03_08_2.jpg

プルーニャさん、れっきとしたレディではありますが、最近ちょっぴりりっぱなヒゲを目指しているので、
だいぶ貫禄がついてきているような、いないような・・・
でも、どうやらヒゲに癖があるらしく、あごの下の真ん中の部分がどうも左に曲がりがち。
長くなってくると、ヒゲにブローが必要なのかしら?

       08_03_08_3.jpg

自慢の胸毛も、貧相な足毛も、一っ風呂浴びてふっわふわになりましたが、
明日にはいつも通り、もそもそになっていることでしょう。

で。
めかしこんで、今日はお出かけです。

08_03_08_4.jpg

つづく・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

主不在につき、

とある夜の出来事。

この日、このいす(↓)の主が帰ってこないのをいいことに、
主の許可も得ず、勝手に乗ってみる犬が一匹。

08_02_08_1.jpg
「今日は旦那さん帰らないんすか? では、ちょいと失礼。」

そして、おもむろに地ならしを始める犬が一匹。

08_02_08_2.jpg
「うおりゃーーー!!!(ガリガリガリガリガリガリガリガリ・・・)」

そして、満足げに落ち着き払う犬が一匹。

08_02_08_3.jpg
「ふう。」

そして、そのまま横たえる犬が一匹。

08_02_08_4.jpg
「あっし、今日はここで休むことにするでやんす。」

どうやらこのままここで寝る気マンマンらしい犬が一匹。

08_02_08_5.jpg
「女将さん、あっしのことはどうぞお気になさらずに。」

なんだかなぁ・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

ムキーッ!!

イライライライライライライライライライラ・・・
精神的によくないわ~、この状況。

前々から 我が家の 私のPCのインターネットの接続状況は悪いほうだったんだけど、
最近、またまた悪化。

PCが悪いのか、
プロバイダが悪いのか、
それともIEが悪いのか、
はたまたセキュリティソフトが悪いのか、
もしくはぜんぶが悪いのか、
最近、なぜか最悪。

08_01_08_1.jpg

こ~んなイヤ~なボックスがぼっこぼっこと現れては消えてゆく・・・

「問題が発生したため、IEを終了します。
 ご不便をおかけして申し訳ありません。」

ちーーーん。

問題ってさっきも発生したじゃん。その前も発生したじゃーん。
あなた、ご不便おかけしっぱなしなんだよぅぅぅぅぅ!!!
そんなカンタンな一言で済ませないで、もうちょっと気合入れて問題解決してくれよぅぅぅぅぅ!!!

ワタクシ、気は長いほうだと自称してるんだけど、
かなーーーり、イラッ! ムカッ!!

いったいなんに対する反抗なんだ!
要求を言ってみろーーーーー!!

と、憂さ晴らしする8月初めの日。
夏真っ盛り。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・
自己紹介

Author: amico
Cast: すもも
 犬種 ミニチュア・シュナウザー
     (Salt & Pepper)
 性別 女の子♀
 年齢 8歳(2004年10月生まれ)


現在の閲覧者数:

管理画面

最近の記事 & コメント
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
+ 過去ログはこちらから
 
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。