スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

眠れる森の、

美女? じゃなくて、

11_26_08_1.jpg

眠れる、寝床のぷる。





あ、眠ってない・・・



おそまつ。





モノクロでもあんまり色変わらず・・・
白・黒・グレー犬の悲しい性ね。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・
スポンサーサイト

足の下にも、

マンハッタンの北のはずれ、小高い丘の上に建つ、クロイスターズ。
メトロポリタン美術館の分館です。

11_24_08_1.jpg

中世の修道院に置かれていた絵画や彫刻なんかを展示していて、
建物自体もヨーロッパの修道院を移築・改修したもの。

         11_24_08_2.jpg

外も中も、なかなか厳かな雰囲気が漂っている。

中には礼拝堂がいくつかあって、
そのひとつに石棺がつらつらと置かれている礼拝堂があるんだけど、
私の目を釘付けにしたのは、

11_24_08_3.jpg

こちらのブルちゃん。
みごとに足蹴にされとります。

11_24_08_4.jpg

こっちのぷりちーワンちゃんも、同じく。

よく見ると、全部の石棺でワンコが踏みつけられてる・・・
せめて、愛犬を一緒に、っていう心遣いかなぁ。
それとも、足元が冷えるから、湯たんぽ代わりに、っていうことかなぁ。

おもしろい。

         11_24_08_5.jpg

おっと、おじちゃんが見つめる先には!
ご想像にお任せします・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

自由に動き回れると、

早朝のセントラルパークは、

         11_21_08_1.jpg

ワンコだらけ。
あっちもこっちもそっちも、ワンコばっかり。
朝9時まではノーリーシュでいいので、ワンコがそこいら中を駆けまわってます。

11_21_08_2.jpg

さすが、水好きなレトリバー。
あんまりキレイとはいえない池の中にじゃぶじゃぶ入って水浴びです。
結構寒い日だったんだけど、ぜんぜんへっちゃららしい。

         11_21_08_3.jpg

こちらは、ちょこんとオスワリなレトリバー。
飼い主さんのコーヒータイム中は、そこいらをうろちょろすることなく、
きちんとオスワリしておとなしく待ってます。賢いのぉ。
1号は飼い主さんをじっと見つめてるけど、2号は・・・ あれれ・・・?

で、プルーニャはというと、

11_21_08_4.jpg
「わたしとあなたを隔てるこのあみあみがにくいズラ・・・」

調子に乗って先を歩いていくから、あみあみの向こうからこちらにこられず、ひとりでプキプキ。
お前ちゃんはおバカちゃんですねぇ。入り口はすぐそこにあるのにねぇ。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

すっかり落ちて、

近ごろめっきり冷え込んできたニューヨーク地方。
葉っぱもすっかり落ちました。

         11_20_08_1.jpg
「むむ、あっちの通りにかわい子ちゃんがいるズラよ。」

落ち葉の上をざくざく歩くのがお好きなこのお方は、
落ち葉の吹き溜まった端っこばかりをざくざく歩いております。
まあ、ほかにも、端っこには芳しい香りが立ち込めてる、っていう大きな理由があるんでしょう。

         11_20_08_2.jpg
「あ~らよっと。」

そして、芳しい香りが立ち込めるあたりには、追加で香り付けするのが鉄則。
一応いいお年頃のレディですが、片足上げてがんばっとります。

11_20_08_3.jpg
「この奥にきっとなんかあるズラ。」

そして、芳しい香りがする場所は、どんな僻地だろうととことん探究する心意気はご立派です。
そこから出てきたあとは、いったいどんなことになってるんでしょうか。

11_20_08_4.jpg

はぁ~、もうすぐさむ~い冬がやってくる・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

水も滴る、

この日は週1回の漬け置き療法の日。

11_19_08_1.jpg
「顔がぬれるのは嫌いズラ。」

そして、プルーニャが本来の姿をあらわにする日。
ほんとは顔なんかこんなにちっちゃいし、頭なんかまん丸だし、足なんか極細なのよね~。
ぷぷ、なんだかコウモリみたいだわ・・・

さて、プルーニャのカサカサ肌に劇的な改善をもたらす(はずの)、
白檀のかほりがたちこめる例のシャンプーで全身ごしごし洗ったら、

11_19_08_2.jpg
「口の周りについたあわあわはぜんぶきれいにいただくズラ。」

このまま5分ほど漬け置き。

この時期、患者は厳しい環境下で漬け置き療法を施されることになるので、
贅沢にも足湯サービス付。でも、あんまり意味ないのかも・・・ ブルブルしてるし・・・
プルーニャよ、こうなったら耐えるしかない! もう少しの辛抱だ!
ついでに乾布摩擦のサービスも付けてさしあげるわよ!!

さーて、十分漬け込んだところで、一気に洗い流しましょう。

と、ここにもプルーニャ試練の瞬間が。
背中や足を洗い流すときはとっても気持ちよさそうにしてるんだけど、
顔となったら話は別。断固拒否。
立ち上がって、お湯をかけようとする私の手を前足で払いのけようとがんばる。

         11_19_08_3.jpg
「顔だけはご勘弁ズラーーー!!」

んだけど・・・
所詮、プルーニャに勝ち目はないのだ。

そんな、困ったじいさんのお顔、しなさんなって。
もうすぐ終わりですよ。

11_19_08_4.jpg
「嵐は去ったズラ。これで一安心ズラ。」

おぉ、だんだんいつものお前ちゃんに戻ってきたぞ。
やっぱり、ふわふわ、ぼさぼさ、してなくちゃね。

11_19_08_5.jpg
「まだ出してくれないズラ?」

漬け置き療法、効き目があるんだか、ないんだか、よくわからんちんなんだけど、
一応、“劇的な改善をもたらす(はずの)”シャンプーが終わるまでは続けるぞ。
プルーニャ、引き続き、週1回の定例行事、がんばってちょうだいね。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

丸くて魅力的な、

11_17_08_1.jpg
じゃーーーん。
久々登場、ぷるケツ!!

なんとタイミングのいいことか、とってもかわいらしいパトくんのおしりを見ちゃったもんだから、
これまたとっても魅力的なプルーニャのおしりもご披露しないわけにはいかないでしょ。

11_17_08_2.jpg
離れ小島(=大好きなクッション)に上陸して、はみ出さないようにぴったり収まると、
あら、おみごと! なんともかわいらしい丸ケツがあらわになるのです。

意外にも普段は小尻なプルーニャだけど、丸まったらすごいんです。
あぁ~、その丸ケツ、かぶりつきたい!!
(実はたまにかぶりついてます・・・ しょっちゅうぺんぺん、つんつんやってます・・・)

11_17_08_3.jpg
そんなプルーニャ、ただいま、離れ小島で居眠り中。
そこが通りの真ん中でも、まったくかまわないようです。
そして、魅力的な丸ケツが狙われてることにも、まったく気づいてないようです。

いまがチャンスだーーー!!

って、丸ケツふぉと、撮りすぎ?
そっとしといてください・・・ 私の趣味なんです。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

散歩道の様子でも、

歩道の片隅に置いてある赤いハイヒール。

         11_16_08_1.jpg

これ、自転車つなぐ場所らしいけど、プルーニャつなぐのにもなかなか便利。
だけど、ここにプルーニャをつないでおく用事はなかったわ。

いつもは混雑してるこの通りも、日曜の朝は人もまばらで、
プルーニャつれてても、歩きやすくていいわ~。

で、ここから南に歩いていくと、ロックフェラーセンターに到着。

         11_16_08_2.jpg

いつの間にやらツリーがやってきてて、飾り付けの真っ最中だった。
点灯式はいつだろう。11月末くらいなのかな?

11_16_08_3.jpg

ツリーの下のスケートリンクはだいぶ前からオープンしてるよ。
この時間は朝早い時間だから、まだ整備中でだれも滑ってないけどね。

普段街中の様子はからきし登場しないぷログにしては、
今回はこめずらしく、街中ちょっぴりご紹介でございました。
えっ、紹介になってない。はぁ、そうですか・・・ おととい出直します・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

乗っけたあとは、

         11_14_08_1.jpg

私がラグの上に座ってるときは、だいたいいつも、これが定位置です。

11_14_08_2.jpg

あごだけ乗っけてることもあれば、
上半身乗っけてることもある。
さらには全身乗っかってることもある。
私の太もも、どうやら枕には絶妙のやわらかさらしいです。

でも、そのうち足がしびれます。

         11_14_08_3.jpg

でも、そのうち落っこちてはまってます。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

花をあしらって、

         11_13_08_1.jpg

ぽろりと落ちた白いデンドロビウム。
使い道といったら、

         11_13_08_2.jpg

やっぱりこうでしょ。

いやん。
お前ちゃんってば、なんてかわゆいのかしら。

でも、





11_13_08_3.jpg

あしらう場所、間違っちゃいかんね。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

ひとり残されて、

11_12_08_1.jpg
「おとうちゃん、ぼくをおいて、どこいっちゃうの?」




ひとり残されたちいさなシロ・・・







うそうそ。

ちっちゃなシロ(かどうかは知らないけど、白いワンコっていえばシロでしょ)が
カバンに寄り添ってちんまりとオスワリしてる姿がとってもかわいくて。
なにげなく撮ったら、なんだか悲しげなストーリーが生まれそうな一枚に・・・

シロをひとり残して離れていく哀愁漂う背中のおとうちゃんは、
ほんとは、シロをイイコイイコしたあと、近くで遊んでる家族の仲間入りをしようとしてるところ。
すぐ近くで家族みんなで仲良く楽しそうに遊んでるから、心配いらないよ。


勝手な妄想して、勝手な話いろいろ作りあげられちゃうから、おもしろいよね。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

枕になるのは、

ダンナがPCで遊んでると、腹の上に居座ってる姫様が・・・

11_10_08_1.jpg
「あら、こんなステキな枕をご用意してくださったのね。とってもよろしくってよ。」

いやいや、きみきみ、そりゃあ枕じゃござらんよ。

11_10_08_2.jpg
「なんだかワタクシ、眠くなったわ。ごめんあそばせ。」

いやいや、きみきみ、そんな硬い枕でマジ寝しなくても。

11_10_08_3.jpg
「せっかく気持ちよく眠ってたのに、枕強奪だなんて、いけずなことなさるのね。」

いやいや、きみきみ、お邪魔ムシって言葉、ご存じない?
あっ、そう、ご存じない。さようでござんすか。


あの・・・ いまさらなんだけど、ひとつとっても気になることがあるんすが・・・


お鼻に何やら白き物が・・・
詰まってるんすけど・・・ ずっと・・・


11_10_08_4.jpg
「そんなの、別の鼻の穴つまんで、フンッ、ってやればいちころなのよ。」

お前ちゃまったら、いつの間にやらそんな技を身につけてたとは、やるじゃないの。
(いやいや、さすがのプルーニャもそれはムリです・・・ 念のため。)

いつも何かしら詰まってるプルーニャのまるっぱな。
起きた直後は粉吹いてます。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

新しくお目見えの、

タイムズ・スクウェアに最近お目見えした真っ赤な階段。

         11_09_08_1.jpg

ず~っと工事中だったチケッツ(ミュージカルとかの当日券安売り場)が、
やっとリニューアルオープンしたんだって。

タイムズ・スクウェアはいつもものすごい人だかりだから、
散歩ではほとんどといっていいほど近づかないエリアなんだけど、
今日は赤い階段を見物しに、プルーニャを引き連れていざ向かわん。

でもねぇ・・・

         11_09_08_2.jpg

人だかりには慣れてるはずなんだけど、
普段あんまり来ない場所な上に、たくさんのビルボードがチカチカする中では、
さすがのプルーニャも辺りがとっても気になるらしく、しきりにきょろきょろして・・・
お前ちゃん、それじゃあ、かわいいお顔がブレブレじゃないですかっ!!
もっとどっしりとかまえてくださいっ!!

         11_09_08_3.jpg

抱っこされても、あっち見たり、こっち見たり・・・

なかなかうまくいかないもんです。

今度は、もうちょっと暗くなったころに、赤くライトアップした階段を見に来ようか。
でも、プルーニャと一緒に記念撮影するには、さらに難易度アップな気もするけどね・・・
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

最近お決まりの場所は、

       11_07_08_1.jpg

プルーニャのこの格好はいつものことなんだけど、
最近どうやらちょっぴり楽することを学んだようで、

       11_07_08_2.jpg

なんと、背もたれを使うようになった・・・
最近もっぱらこの場所でこの格好。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

劇的な改善は、

カサカサ肌改善に向けて、目下療養中のプルーニャさん。
今日も毎週恒例の漬け置き療法を施した。

そのあとは、白檀のかほりが、どことな~くそれとな~く・・・ いやいや、プンプンと立ち込める。
メンソールっぽい香りも相まって、私のお鼻のお通じもなんとなく改善されて、なんだか一石二鳥?

先生は、このシャンプーを使えば、劇的に良くなるわよ! って言ったけど、

         11_06_08_1.jpg
「漬け置き療法はちと寒いズラよ。ブルブルしたズラ。」

でも、いまだ劇的な改善は見られず・・・

たしかに、指先をなめるようなことは少なくなったように思う。
以前は暇さえあればペロペロしてたのに、漬け置き療法をはじめてからというもの、
それほど頻繁にペロペロすることはなくなったような気がする。
ペロペロしすぎてかぶれた部分がだいぶ改善されたんだろう。

そして、一時はハゲるんじゃないかと思われた鼻の下の部分の肌荒れもだいぶ和らいだように思う。
赤みも引いたし、カサカサも直ったし、だいぶ良くなったような気がする。

11_06_08_2.jpg
「背中は気持ちいいズラ。でも、手足の毛づくろいは好きじゃないズラ・・・」

でも、ブラッシングのたびに、背中からフケがたくさん出るのは変わらない。
特に背中の真ん中あたりからオシリにかけてのカサカサ度は激しい。

先生は、シュナには多いのよ、って言ってたけど、みんな、こんなにフケがでるものなのかなぁ。
保湿クリームでも塗ったくればいいのかしら。それとも、もっと油モノをあげればいいのかしら。
うーーーん。どっちも良くないような気はするけど、どうなんざんしょ?
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

特別の番外の、

日本の南の地方から、黒い菌がふわりふわりと飛んできて、
そのひとつがはるばる海を越え、ニューヨーク地方にたどりついたようです。
しかも、黒い菌の保菌者にいいようにかわいがられつつも、愛くるしい笑顔を絶やさない
あのお方とご一緒に・・・

11_05_08_1.jpg

はるか昔に行われた、ぷログご来店2万名さま記念行事。
2万名さま目のお方はしら~っと素通りしていかれ、しょぼ~ん・・・
な結果に終わりはしましたが、
みごと2万1名さま目に輝いたポチ子さんに、今回、特別賞を贈呈することにいたしました。
1番違いで賞といたしまして、ポチ子さんに内緒で、な、な、なんと!!!
愛するるくおくんをニューヨークプチ観光にご案内いたしました~。パチパチパチ~

ってことで、勝手にるくおくん大特集、はじまりはじまり~。

ポチ子さん、すいぶんと間が抜けた時期にすんません。
しかも勝手にるくおくんの写真を拝借した上に遊びまくってすんません。
だって、黒い菌が飛んできたんだもの~。

       11_05_08_2.jpg

まずは、ニューヨークにやってきたら、セントラルパークでしょう。
ってことで、セントラルパークの目抜き通り(?)にご案内。
るくおくん、パークが相当お気に召した様子です。満面の笑顔を見せてくれました。

どっかで見かけた写真?な~んて思われた方、なかなかのぷログ通ですわ。
決して使いまわしてるわけじゃ・・・
まったく同じシチュエーションだっただけですの。おほほ


さてさて、お次は、これまた、これぞニューヨーク、

       11_05_08_3.jpg

自由の女神!
るくおくんったら、自分の何百倍もある女神を前に、気が引き締まる思いだったようです。
女神の前でキリリと決めていらっしゃいました。

そういえば、自由の女神の島にわんこって渡れたかしら?
まあ、そんな細かいことは気にしなくってよ。


11_05_08_4.jpg

そして、ブルックリンブリッジのたもとの公園では、
水着のお姉ちゃんやお兄ちゃんと一緒に日向ぼっこなぞ楽しまれたようです。
いつもおウチでなさっているようなお姿で、でーーーん!と転がっていらっしゃいました。
いつものことながら、その寝姿はお見事でござんす。

まもなく冬が訪れようとしているニューヨーク地方ですが、なにか?


ああぁぁぁ、まだまだたくさんステキな場所をご案内したいんだけど、
そろそろ時間だわ。私、いかなくちゃ。ああ、残念。

ってことで、るくおくん、勝手に帰ってね。

ポチ子さんが記す『ポチ子の日記』。
おいしそうなお料理、そして、かわいいるくおくんが溢れてます。
みなさま、続きは『ポチ子の日記』をご覧あれ~。


ポチ子さんへ、
このたびは勝手にお写真をお借りして、その上、勝手にいいように使わせていただいて、
たいへん失礼いたしました。どうかどうかお気を悪くされないよう・・・
では、これにて失礼! 今後ともごひいきに!
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

ちょっぴり不思議な、

しつこいようですが・・・
これまた、先日、ペンシルバニア州にある私の大好きな町に行ったときの話。

       11_04_08_1.jpg

このあたりにはアーミッシュと呼ばれる人たちが住んでいる。
自動車には乗らない。電気は使わない(風車や水車で発電したわずかな電気を使う程度)。
着るものは決められた色の質素なもの。
農園を営むなど、基本的には自給自足。もちろん畑を耕す道具の動力は馬力か人力。
そんな昔ながらの生活を続けているお方たち。

11_04_08_2.jpg

自動車を使わないアーミッシュの移動手段は馬車。もしくは自転車。あるいは徒歩。
遠くからカパカパと馬の足音が聞こえたかと思ったら、馬車が対向車線を走ってくる。
このあたりではそんな不思議な光景があちこちで見られる。

この日は日曜日。時間は3時ごろ。
いままでに何度かここを訪れてるけど、この日はひっきりなしに馬車に出くわした。
ちょうどみんながお出かけする時間だったのかしら?

さてさて。
このあたりにはカバーブリッジ(『マディソン郡の橋』に出てくるような橋)がたくさんあって、
それを探しにいくのも私が好きなことのひとつなんだけど、
とある橋のそばには公園があったので、そこでちょっくら一休みしてみたり・・・

       11_04_08_3.jpg

プルーニャさん、秋の乙女の装いで、ちょっとたそがれてみました、の巻。
・ ・ ・ ・ ・ 何も装ってなかった・・・

そんなふうにプルーニャポートレート撮影会なんかをしつつ、
橋の周りでうろちょろしてたら、なんたる絶好のタイミング!!

11_04_08_4.jpg

ちょうど馬車がやってきて、絵的にはなかなかよろしくてよ。

そんなこんなで、橋探しの旅に出て、田舎道を片っ端から走ってみる我ら。
なかなかのフリークです。

11_04_08_5.jpg
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

池のほとりの、

これまた、先日、ペンシルバニア州にある私の大好きな町に行ったときの話。

11_03_08_1.jpg

道すがら、なんだかちょっとよさげな池のほとりを発見。
すかさず寄ってみる。

そしたら、

11_03_08_2.jpg

先にいらしたお二方が、お前ら、あっちいけーーー!!!
と、まるで門番かのようにギャンギャンまくし立ててきた。
かわいいなりして、そんなにえらい剣幕でわめき散らさなくても・・・

ってことで、門番のおかげで池のほとりには近づけず、

       11_03_08_3.jpg

プルーニャは芝生の広場でうろちょろ。
先客に嫌われちゃ仕方ないよね・・・ 私も嫌われたみたいだけどね・・・

       11_03_08_4.jpg

こんなところに、ガマの穂、見~つけた。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・
自己紹介

amico

Author: amico
Cast: すもも
 犬種 ミニチュア・シュナウザー
     (Salt & Pepper)
 性別 女の子♀
 年齢 8歳(2004年10月生まれ)


現在の閲覧者数:

管理画面

最近の記事 & コメント
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
+ 過去ログはこちらから
 
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。