スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

初お泊り(前編)

ちょっくら旅にでておりました。
それはそれはすばらしい旅でした。

その間、プルーニャは初のお泊りなり。
チキンなプルーニャはかなりがんばったようでした。

さてさて、さかのぼること、今から約2週間ほど前。
プルーニャのお宿探しを開始。
小心プルーニャが少しでも安らげる場所を、と思い、
なんとかよさそうなとこを見つけて、そこにご滞在いただくことにした。
そしたら、旅の2日前、急遽ご滞在いただけないことになりました、との一報が届く。
おいおい、今さらそんなこといわれても! といってみても、どうにもならないので、
急いで他のお宿をあたることに。

いくつかピックアップした候補の中から、よさそうなとこに目星をつけ、
とりあえずそのお宿がどんなとこなのかこの目で確かめねば、と思い、
プルーニャを引き連れていそいそと出向く。

Paws Inn Chelsea①人通りの少ないひっそりとした通りにあるそのお宿。
いざ、到着してみると・・・
あれっ、ここだよねぇ。確かに看板はある。ここに間違いない。
でも、カーテン閉まってるし、ここ、やってんのかしら?
っていうような、かなりうさんくさい外観。
引き返してしまおうかしらと思わせる外っ面だけど、
プルーニャもいるし、時間もないし、いっちょ入ってみるかねぇ。

とりあえずブザーをビーと鳴らしてみると、カチッと鍵が開く。恐る恐る入ってみる。
なんだかうさんくさ~い廊下の先にまた扉が。またまたカチッと鍵が開く。
扉を開けてみると、中で待っていたのは、ボウズ頭のおばちゃま、
ちょいとオシャレげなおばちゃま、そして、ひょろりと細めのお兄ちゃん、の計3名。

「あの~、お預かりサービスについてお聞きしたいんですけど~」
と、プルーニャを盾に、恐る恐る聞いてみる。
すると、お兄ちゃんがいろいろ教えてくれた。
お預かり中に滞在するお部屋も見せてくれた。

そのワンコの大きさや性格によってお部屋を分けられて、
滞在中はそのお部屋のお仲間と過ごすことになるらしい。
ごはんはいつも食べているブランドのものをあげてくれるらしい。
毎日ドッグランに連れて行ってくれるらしい。

ワンコが滞在するお部屋はちょっぴり狭いけど(3畳ちょいくらい?)、
お世話してくれる人たちはいい人たちだし、お部屋はきれいだし、匂いもないし、
ウチから近いし、他のとこに比べてお値段リーズナブルだし、
プルーニャよ、ちょっとの間、ここでがんばってみるかねぇ。
といっても、当のプルーニャはそんなことはつゆ知らず、
お迎えが来てお家に帰るウェスティちゃんとワンワンやりあっておりました。

入った瞬間はなんだかとってもうさんくさい雰囲気たっぷりだったその部屋が、
いろいろ教えてもらって、見せてもらって、プルーニャをかわいがってもらって、
帰るときにはなんだか明るくなってたのは、人間、なんでも気の持ちようですねぇ。

Paws Inn Chelsea②
New York Magazine の記事よりお写真拝借。
なんでも Best of New York 2007 で Best Pet Boarding に選ばれたらしい。
スポンサーサイト
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

コメントの投稿

Secret

自己紹介

amico

Author: amico
Cast: すもも
 犬種 ミニチュア・シュナウザー
     (Salt & Pepper)
 性別 女の子♀
 年齢 8歳(2004年10月生まれ)


現在の閲覧者数:

管理画面

最近の記事 & コメント
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
+ 過去ログはこちらから
 
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。