スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

温泉に続いて、

温泉から出た後、晴れ間がのぞいたもんで、
ひょっとしてオーロラ見れちゃう?! な~んて期待したけど、やっぱり雨・・・
でも、ときには雨が止んだりするもんだから、どうもあきらめ切れなくて、
夜中の2時くらいまでねばってみたけど、
やっぱりオーロラは見れず・・・ がぼーん・・・

で、オーロラは半ばあきらめて、(といいつつ、あきらめてない)
お次はアイスランドの大自然を満喫しようツアーに参加してみた。

03_21_09_1.jpg

地熱発電所に連れて行かれたり、なんだかデカい滝に連れて行かれたり、
北米プレートとユーラシアプレートが湧き出てくる場所に連れて行かれたりしながら、
こんな(↑)大涌谷みたいなところにも連れて行かれた。
黒いゆで卵は売ってなかったけど・・・

         03_21_09_2.jpg

ここは間欠泉や温泉が集まってるところ。
地面にぽっかり開いた穴の中ではお湯がボコボコ沸いてて、
さわったらきっとむちゃくちゃ熱いんだろうなぁ。
こんな(↑)小さな間欠泉、その名もLitli-Geysir(Little Geysir)、もあれば、

03_21_09_3.jpg

ものすごくデカいのもあって、このエリアでは、
Stori-Geysir(Great Geysir)っていう間欠泉が最大で、高さ60mくらい噴き出すみたい。
でも、そのストリ・ゲイシールは今はそれほど活動しなくなっちゃって、
そんなに頻繁に噴き出さなくなっちゃったもんだから、
今はこの(↑)Strokkur(Churn・攪乳機って意味)っていう間欠泉がここの目玉間欠泉。

03_21_09_4.jpg

こんな(↑)ただのお湯たまりが、不思議なことに、10分おきぐらいに爆発するのです。
間欠泉が噴き出す仕組みについては諸説あるみたいだけど、

03_21_09_5.jpg

地下水が地熱で温められて、エネルギー(水蒸気とか?)がたまって、
耐え切れなくなると、

         03_21_09_6.jpg

ぼかーーーん!! といくらしい。

このストロックルって呼ばれる間欠泉は、だいたい高さ20mほど噴き上がるんだって。
30分ちょっと見てただけだけど 、5~10分おきくらいで爆発するし、
1回の爆発につき2回噴火(?)することもあったりするし、
間欠泉が噴き出すのを間近で何度も見られて、非常に貴重な体験でした。

03_21_09_7.jpg

天気がよかったら最高だったんだけどなぁ。
このときもやっぱり雨・・・
スポンサーサイト
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

コメントの投稿

Secret

地球ってやっぱり生き物なんですね~
間欠泉ぼかーーーん!前のあのもっこりがすごい!

コメントありがとうございます☆

e-507 rosa papaさんへ
もっこりする前にぼっこんと引っ込むんですが、
それが何度かあったりして、かなりフェイクかけられました。
間欠泉ってば、人間の心を読む小憎らしいヤツです。
自己紹介

amico

Author: amico
Cast: すもも
 犬種 ミニチュア・シュナウザー
     (Salt & Pepper)
 性別 女の子♀
 年齢 8歳(2004年10月生まれ)


現在の閲覧者数:

管理画面

最近の記事 & コメント
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
+ 過去ログはこちらから
 
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。