スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

合格? 不合格?!

マイクロチップも入れた。狂犬病の予防注射も2回打った。
プルーニャ、よくぞ今までこれだけの苦難を乗り越えた。次が最後だ、がんばれよ!
と応援しつつも、実はなんともなかったらしい・・・
痛みの神経はないのか?!

ということで、最後は検査が待っていた。

最後の痛い思い: 血液検査(狂犬病の抗体検査)
  これまでに狂犬病の予防接種を2回も受けたプルーニャだが、
  きっちり抗体をつくれているかどうか不安が残る。
  何事も証拠の提示を求めるお役所業。ここでも客観的な証拠が必要なのだ。
  日本に帰ってきたければ、お役所の定める基準をクリアしなければならない。
  いくら予防接種を2回も受けたとしても、抗体値が基準を満たしていないと、
  「不合格」の烙印を押されてしまうのだ。
  ということで、検査のためにプルーニャは血を抜かれることになった。

注射のあとは不摂生はせず、睡眠時間も十分(というか、いつも寝ている)、
万全の体制で検査に臨むプルーニャ。
体は人一倍(犬一倍?)デカいし、注射をもろともしない神経の持ち主だし、
きっとやってくれるでしょう。

奥の別室で血を抜かれたので、どの程度の血をとられたのかは
プルーニャと先生のみぞ知る密室の世界。
たぶん彼女は何かされたことに気がついてはいないと思われるが・・・
なんせ鈍感なので。
またもや何事もなかったかのようにおやつをむさぼるプルーニャなのだった。

検査結果は2週間後に郵送されると言う。
そして、ハラハラドキドキの2週間が過ぎ・・・


・・・やった! 合格!! でかした、プルーニャ!!

これで一通りの試練は乗り越えた。
あとは病院での健康診断と成田空港の動物検疫所での健康診断を残すのみ。
プルーニャ、がんばるぞ~!

はぁぁぁ、それにしてもめんどくさい・・・
スポンサーサイト
ぽちんとしていただけると、とってもシアワセ・・・

コメントの投稿

Secret

国外に出るってそんな大変なんですね!?っていったいどこに行かれるのですかね?気になります!!

e-507たいさ&しの さん
国外にでるのは狂犬病の注射さえしていればOKなので、それほど面倒ではないはずです。(出先にもよりますが。)そのまま日本に戻る気がなければまったく問題はないのですが、日本に帰ってくるためには面倒な準備が必要なのでございます。
いろいろやっておかないと、いざ日本に帰ってきたときに、犬だけ空港でお預かりってことになってしまうらしいので。それはわんこにも気の毒だしね~。
自己紹介

amico

Author: amico
Cast: すもも
 犬種 ミニチュア・シュナウザー
     (Salt & Pepper)
 性別 女の子♀
 年齢 8歳(2004年10月生まれ)


現在の閲覧者数:

管理画面

最近の記事 & コメント
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
+ 過去ログはこちらから
 
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。